5歳なのに保育園に行ってない…意外とあった自宅保育の実情とは!?

子育て

 

5歳なのに保育園にも

幼稚園にも行ってないというのは、

やっぱり色々とマズいんでしょうか?

 

 

だいたい多くの家庭では、5歳の子は

保育園か幼稚園に通っていますよね。

 

 

でも家庭によっては金銭的などの事情から

自宅保育をする場合も!?

 

 

今回は、5歳でも保育園に行かせず

自宅保育はアリなのかナシなのか、

実情を解説していきます。

 

5歳の子供を自宅保育しているのはどうして?貧困家庭は仕方ない!?

 

5歳なのに保育園にも

幼稚園にも行っていないというと、

やっぱり珍しいし

心配になってしまいますよね…。

 

 

でもいわゆる貧困家庭だったりすると、

お子さんを幼稚園や保育園に入れるのは

やっぱり大変。

 

 

そのため、保育園にも幼稚園にも通わせず、

自宅保育をする家庭も存在するんですよね。

 

 

確かに、金銭的事情があるのでしたら

仕方がないでしょう。

 

 

特に最近は待機児童問題などで、

保育園に通わせたくても

通わせられないという場合もありますし、

やむを得ず自宅保育をしている家庭も

 

 

家庭によって事情は様々なので、

もし5歳でも保育園や幼稚園に

通っていない子がいても、

そっと見守ってあげるのが一番良いですね。

 

 

でもちょっと気になるのが、

自宅保育をした場合、

小学校に入学したら一体どうなるのか?。

 

 

いきなり集団生活になるわけですから、

色々と苦労してしまいそうな気がしますよね。

 

6歳まで自宅保育だった子はどう育つ?気になる実状と弊害とは?

 

幼稚園や保育園に通わず、

6歳まで自宅保育だった場合は、

いきなり集団生活を送ることになってしまいます。

 

 

そのためお友達が作りにくかったり、

集団生活に馴染むのが

遅かったりする場合も。

 

 

でも、なるべく近所の子や

公園で知り合ったお友達と

遊ばせるようにすれば、

自宅保育のお子さんでも

社会性が身に付きます。

 

 

また、やっぱり最も重要となるのが

家庭での親のしつけですね。

 

 

保育園や幼稚園に通わせていなくても、

親御さんが自分たちでしっかりと

お子さんを教育しているのでしたら、

自宅保育でも問題ない場合も大いにあります。

 

 

それに、集団生活にすぐ馴染むかどうかは、

やっぱりお子さんの性格にもよる面も。

 

 

ということで、自宅保育だからといって、

必ずしも小学校に上がってから苦労する、

ということはありません。

 

 

もちろん保育園や幼稚園に入れることで、

社会性は大きく身についていくでしょう。

 

 

でも、親御さんが自分たちでしっかりと

教育されているのでしたら、

そっと見守っていてあげるのが良いでしょう。

 

 

本来、子供は

地域全体で見守り育てるものなので、

もし自宅保育のお子さんを見かけても、

なぜ保育園や幼稚園に行かないのか

追及してはいけませんよ。

 

 

代わりに周囲にいる大人の一人として見守り、

その子が何かしてしまった時はしっかりと

注意をしていくようにしましょう。

 

まとめ

 

 

5歳なのに保育園や幼稚園に行っていない子は、

やっぱり家庭の金銭的な事情

自宅保育になっているんですよね。

 

 

もちろん保育園や幼稚園に行ってないことで、

小学校に上がった時に

苦労することもあるでしょう。

 

 

それでも、家庭によっては親御さんが

きちんと教育されている場合もあるし、

近所の子たちの交流をしているかもしれません。

 

 

そのため、もし身近に自宅保育の子がいても、

優しく見守ってあげるようにしてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました