町内会や自治会役員の断り方は?どうしても辞退したい!!

マナー・ルール

 

町内会や自治会の役員辞退するには

どんな断り方をするといいんでしょうか?

 

 

そもそも町内会の役員なんて

ものすごく面倒だし大変ですよね…。

 

 

でも町内会の役員をやらないとなると、

色々デメリットも出てきそうでちょっと心配。

 

 

今回はそんな、

何かと面倒で厄介な町内会の役員の断り方や、

実際に断るとどうなるのかなどを

解説していきます。

 

 

町内会の役員を辞退するには?角が立たない断る理由の伝え方!

 

町内会の役員を辞退するには、

仕事と子育てや介護などで忙しい

というのが最も角の立たない断り方なんです。

 

 

確かに夫婦共働きだったり、

小さいお子さんや介護が

必要な家族がいたりすると、

町内会の役員をしている暇がありませんよね。

 

 

よって、その場合には役員を辞退、

もしくは免除される可能性があります。

 

 

他にも、妊娠中出産後

自分や家族に持病がある場合や、

転勤引越しを控えている場合なども、

役員を断ることが出来るケースが多いんです。

 

 

ただし以上のような辞退理由がない場合は、

やっぱりちょっと断るのは

難しくなってしまうんですよね…。

 

 

ウソをついてまで役員を辞退しようとすると、

後でバレた時にトラブル

なりかねないので注意が必要。

 

 

つまり断るのに正当な理由がなければ、

役員を辞退することが

とっても難しいんですよね…。

 

 

特に田舎など町内会の結束が強いと、

役員にならないと最悪の場合、

村八分まがいのことをされたり、

トラブル発展する可能性も

少なくありません…。

 

 

そもそも町内会って任意参加なのに

すごくおかしな話ですよね。

 

 

でも、現状でもまだ町内会が

牛耳っている地域もあるので、

そこの土地から出ない限りは、

なかなか辞退が難しくなってしまうんです…。

 

 

町内会の役員を辞めたい!面倒な役回りを断る方法はあるの!?

 

町内会の役員を辞めるには、

やっぱり町内会から脱退する

つまり町内会に属さないように

するのが良いですね。

 

 

ただし町内会によっては、

役員を辞めてしまうことで、

ゴミ捨て場が使えなくなるなど

脅しめいたことをいわれるかもしれません。

 

 

でも、そもそもゴミ捨て場は町内会ではなく、

住んでいる市区町村のものなので、

町内会が使用する権利を奪う、

という権限はどこにもないんですよね。

 

 

ただし、お子さんがいる場合は、

地域の子供会のイベントや、

お祭りなどの行事に参加できなく

なってしまうといわれる場合も。

 

 

でも子供がいない、

もしくはすでに子供が大きくて、

そういった地域のイベントに

行かないのでしたら話は別ですよ。

 

 

このように、町内会から脱退するとなると、

あらゆる脅し文句などを使って、

辞めさせないようにしてくると思います。

 

 

でも、そもそも町内会には

個人にゴミ捨て場を使わせないとか、

災害の際に避難所を使わせないなどの

権限はありませんので、

どんな脅しが来ても心配しないでくださいね。

 

 

ただし、先ほども説明したように、

地域によっては町内会に入っていないと、

何かしらの嫌がらせ

受けてしまう場合もあります。

 

 

心配な時は、

家の前に防犯カメラを設置したり、

最終手段として引越しを

考えておくなどするといいですよ。

 

 

本当に町内会の参加不参加なんて、

個人の自由でいいのに、

半強制的に加入させられたり、

面倒な仕事を押し付けられたりして大変なので、

なくなってほしいって心から思いますよね!

 

 

でも、その土地にいる以上は

免れない場合もあるので、

町内会や地域全体が嫌な場合は

引越すことも考えると良いですよ。

 

 

まとめ

 

 

町内会の役員は、お子さんが小さかったり

介護が必要な家族がいたり、持病がある、

引越しや転勤を予定しているなどの理由がなければ、

やっぱり断るのはなかなか難しいでしょう。

 

 

どうしても役員を辞退した場合は、

町内会から脱退するという手もありますが、

地域によっては嫌がらせ

脅しを受けるなどのデメリットも…。

 

 

役員を辞退するかどうかは

ご家族とよく話し合ったうえで決めて、

もし地域そのものが嫌な場合は

引越しも視野に入れると良いですよ。

 

タイトルとURLをコピーしました