退職理由の嘘がバレたらどうしよう!?穏便に行くにはどう伝える?

お仕事

 

退職理由の嘘がバレたら、

一体どうすれば良いんでしょうか?

 

 

今の仕事を退職したいけれど、

退職理由に嘘をつく場合は、

どんなことを言えばバレることがないもの?

 

 

結婚するとか言ってしまえばバレないのか、

すごく気になりますよね。

 

 

今回はそんな、退職理由に嘘をつく場合、

バレないようにするにはどう伝えるべきか

解説していきます。

 

 

退職理由に嘘をつくなら?結婚だとバレる可能性はどれぐらい?

 

退職理由に嘘をつくなら、

『一身上の都合』とか、『違う仕事をしたいから』

言ってしまうのがおすすめですよ!

 

 

もちろん、

『結婚するためもっと収入が高い仕事に就く』というのも、

バレる可能性は低いでしょう。

 

 

ただし結婚を理由に退職すると言うと、

同僚や上司からお祝いをされ、場合によっては

ご祝儀を頂いてしまうこともあるので、

『結婚そのものをするのはまだ先だけれど

結婚を考えている』と伝えるのがベスト!

 

 

やっぱり退職するのに、

結婚式に上司や同僚を招待する約束をしたり、

ご祝儀のお返しを用意するのはすごく面倒ですからね。

 

 

やっぱりここは、

『違う仕事に就きたい』ということを退職理由にして、

嘘をついてしまうのが穏便に済むでしょう。

 

 

ちなみに筆者も、『違う仕事に就きたい』と嘘を言って、

退職したことや、『家族の看病に専念したいから』という

理由で退職したこともあるんですよ!

 

 

退職理由は別に本当のことを言わなくても良いので、

穏便に退職できるような嘘をついたって構わないんです。

 

 

退職してしまえば、嘘がバレたとしても、

特になんの差し障りもないので安心してくださいね!

 

 

退職理由の嘘がバレたら?その時は引っ越しするしかない!?

 

先ほども少し説明しましたが、

たとえ退職理由の嘘がバレたとしても、

全く気にする必要はありませんよ。

 

 

そもそも退職理由なんて、

『一身上の都合』だけで十分なんですから!

 

 

上司が退職理由を根掘り葉掘り聞いてくる

場合のみ、『違う仕事に就く』とか

『田舎に帰って実家の手伝いをする』など、

嘘をついてしまっても良いんです。

 

 

万が一それがバレたとしても、

退職してしまっているのなら、

なんの問題もありませんよ。

 

 

だからこそ、安心して本当のことを言わずに

退職理由を伝えましょう。

 

 

実際に本当のことを言って退職する人なんて、

そんなに多くはいませんので、

嘘をついたって全然構いません。

 

 

ましてや引っ越しなんて面倒なことをする

必要もなし!

 

 

引っ越しなんてせずに、堂々と退職をして、

次へ進むようにしていきましょう!

 

 

そうすればもう今の職場とは

完全にオサラバ出来るでしょう。

 

 

まだ在職中なのに退職理由の嘘がバレる、

なんていうこともごく稀なことなので、

ぜひ安心して退職の準備を進めてくださいね!

 

 

在職中に退職理由がバレてしまっても、

もう退職が決まっているのですから、

そこまで気にする必要はありませんよ!

 

 

まとめ

 

 

退職理由の嘘がバレたとしても、

全く気にする必要も、引っ越しをする必要もなし!

 

 

そもそも退職理由なんて、『一身上の都合』とか、

『違う仕事に就きたいから』で十分なんですよ。

 

 

そのため、ぜひ退職理由は

無理して本当のことを言わずに、

都合の良いように伝えるようにしましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました