ママ必見!イヤイヤ期のひどい癇癪にもめげない心の作り方!

子育て

この世に天使が誕生して早1年半。

 

子育てにも少しずつ慣れてきた頃に、
ママたちに襲いかかる「イヤイヤ期」

 

我が子が天使のように可愛いことには、
もちろん変わりないんだけど……
歯磨きも「イヤ」
お散歩も「イヤ」
お風呂も「イヤ」
さらには、今まで喜んでしてくれていた
ことでさえも……
「イヤ!!!」

 

そして、無理やりさせると、
癇癪を起こして泣きわめく……
こっちがどうにかなってしまいそうな
地獄のイヤイヤ期。

 

強く言い過ぎてしまって自己嫌悪に陥り、
辛くて涙することもあるでしょう。
そして、あんまり癇癪がひどいと、
「うちの子、もしかして発達障害なの?」
と不安で仕方なくなり、
心配で悲しくなることもあるでしょう。

 

そんなママに少しでも安心してもらえたら
と思い、発達障害なのかどうかを見極める
ポイントイヤイヤ期の上手な乗り切り方
をまとめてみました!

 

イヤイヤ期と似ている?癇癪から気が付く発達障害のポイント

 

まず、いろいろと調べた結果、
私が一番言いたいことは、
「安心してください!発達障害かも……
 と、判断するにはまだ早いですよ!」
ということ。

 

一般的にイヤイヤ期と呼ばれる時期は
1歳~3歳くらいまでとされていますが、
期間や始まりも人それぞれ違います。
一番多いのは、1歳半~2歳くらいの
時期でしょうか。
そして、発達障害の診断のほとんどは、
3歳~就学前後にされることが多いです。

 

イヤイヤ期と発達障害の特徴が似ている
ため、「うちの子、発達障害かも?」と
不安になる親御さんも多いのですが、
イヤイヤ期の真っ最中の子どもだと、
発達障害かどうか見極めるのは素人では
難しく、医師でも経過観察としか診断が
できないんだそうです。

 

イヤイヤ期と発達障害の大きな違いは、
脳の機能障害によって起こっているもの
なのかどうか、というところです。

 

イヤイヤ期は、自我の芽生えから起こる
もので、大事な成長過程の一つです。
このため、イヤイヤ期はずっと続くもの
ではなく、3歳くらいになると少しずつ
落ち着いてきて、イヤイヤ期のおかげで
物事の良い悪いを覚えたりします。

 

では、そんなイヤイヤ期と発達障害を
どうやって見極めればいいのでしょうか?

 

実は、日常生活の中で気にかけておくべき
サインがあるんです。

 

例えば……

 

【睡眠に関するサイン】
□寝付くのにいつまでも時間がかかる
□眠りが浅く、すぐに目が覚めてしまう
□眠れないと驚くほど泣く・暴れる

 

【食に関するサイン】
□決まった形や色のものしか食べない
□偏食が極端にみられる
□極端に少食

 

……といったサインです。
詳しくはこちらのサイトをご覧ください。

 

たまにこういうことがある、という
レベルあれば気にしなくて大丈夫です。
しかし、これらのサインすべてが
何十時間も何日間も、ず~っっっっっっと
極端に続いた場合は、発達障害の可能性も
考えられるので、注意して観察するように
してみてください。

 

例えば、いつも持ち歩くお気に入りの
タオルが洗濯中で、代わりのタオルを
持たせた場合、

 

・単なるイヤイヤ期なら……
「いつものじゃないとイヤ!」と
言いながらも、外で遊び始めたら
タオルのことなんか忘れて楽しく
遊び続けているでしょう。

 

・発達障害の疑いがあると……
発達障害の子には絶対的なマイルールが
あることが多いです。
このため、そのタオルを持ち歩くことが
その子にとってのマイルールだった場合、
それができないと、一日中落ち着かない
状態がずっと続いてしまいます。

 

イヤイヤ期の癇癪を放置してもいいの?先輩ママ直伝の対処法!

 

極端な場合を除けば、発達障害の心配は
あまりしなくてよさそう。
でも、大変なイヤイヤ期……。

 

イヤイヤ期の癇癪はどう対処するのが
いいのでしょうか?
大切なことは、
★子どもの気持ちを受け止めてあげること
★ママの気持ちがぶれないこと
この2つです。

 

癇癪を起こすということは、
感情を出せるようになったという証拠。
立派な成長の証です。
癇癪を起こすのも、これから子どもが
成長していくうえで、とっても大切な
プロセスなんですよ。

 

ただ放置しているのではよくないですが、
まず子どもの気持ちを受け止めたうえで、
そのまま様子を見守るべきか、何らかの
対処をすべきか見極めましょう。

 

気になるイヤイヤ期の癇癪の対処法が
紹介されているサイトがありましたので、
よければ御覧ください。

 

まとめ

 

発達障害なのかどうか、素人が判断するのは
とても難しいことです。
極端な場合を除けば、そこまで心配する必要
はないのかもしれません。

 

そして、イヤイヤ期は子どもが自立し始める
ための大切な成長過程の一つ。
ママが一度ダメ!と決めたことは曲げずに
子どもと向き合うことも大切です。

 

それでも、日々の子育てで辛い思いや
悩みを抱えてしまうこともあるでしょう。
そんなときは、一人で抱え込まずに
公共の相談機関や友人・家族……などなど、
自分が安心して相談できる人を探しておく
ことも大切ですよ☆

 

ママが子どもとHAPPYな気持ちで
愛を持って向き合える心理状態を保つことが
何よりも大切なことだと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました