キャラ弁なんて困る!幼稚園で本当にあったキャラ弁トラブル!

子育て

 

2005年ころから始まった

「キャラ弁」ブーム。

 

 

正直、手間もかかるし

面倒臭いですよね…。

 

 

最近ではキャラ弁のよる格差がおき、

キャラ弁トラブルもあるそうです。

 

 

確かに、キャラ弁は難易度が高いので

作れないママもいますしね…。

 

 

今回は、キャラ弁による格差や

ママ友バトルをご紹介します。

 

キャラ弁ができないママもいる!子供のお弁当に格差が発生!?

 

私もキャラ弁が作れない一人なのですが、

キャラ弁が作れない人にとっては、

とっても難易度が高いです!

 

 

というか、普通のお弁当でも精一杯…。

 

 

キャラ弁について調べてみると、

当然キャラ弁が作れる人、作れない人で

格差が出来ているようでした。

 

 

もちろん全ての幼稚園ではないですが、

キャラ弁によるトラブルが増え、

キャラ弁禁止をしているところもあります。

 

 

キャラ弁ができないママからしたら、

子供にせがまれると辛いですしね…。

 

 

幸い私の子は気にする子じゃなかったので

問題はありませんでしたが、

せがまれたらどうしようと、

ひやひやしちゃいます。

 

 

簡単なものは出来たとしても、

どんどん難易度が高いものをせがまれたら、

ママ側の負担も大変なことになりますしね。

 

 

「子供のためにキャラ弁を作りたい」

「作りたいけど作れない」

どちらの気持ちもわかる分、

お弁当問題は辛いものです。

 

キャラ弁で起こったトラブルって?本当にあったママ友バトル!

 

キャラ弁で起こった

ママ友バトルについて調べてみました。

 

 

すると、ほかのママに

「キャラ弁を作るのを辞めて」と言われた

というものがありました。

 

 

幼稚園側で決まりとしてないのであれば、

個人的に注意するのはおかしいですよね。

 

 

自分が作れないから作るな、

そんなことを言う権利はないでしょう。

 

 

確かに、子供にせがまれて

つらい気持ちはわかります。

 

 

しかし他人に押し付ける前に、

 

 

まずは挑戦してみるのも1つでしょう。

 

 

または、作り方を教わるなど、

方法はいくらでもあります。

 

 

こんなママ友には巻き込まれたくはないですが、

もし何か言われたとしても、

気にせずキャラ弁を作ってあげましょう。

 

 

決まりの範囲内であれば、

何も悪いことではありませんからね!

むしろ、子供の笑顔が見れるので

とてもいい事ですよ。

 

まとめ

 

キャラ弁は細かい作業も多く、

作れない方もいます。

 

 

それによるお弁当格差

どうしても生まれてしまいますが、

幼稚園、保育園で決まりがないのであれば、

気にする必要はないでしょう。

 

 

また、作れなかったとしても問題はないので

よそはよそ、うちはうち、

で貫き通すのもアリだと思います。

 

 

自由なお弁当でそれぞれの楽しみ方を

見つけましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました