白髪染めって後ろがうまくいかない!自分で上手に染めるには?

豆知識

 

白髪染めを自宅でしようと思っても、

後ろを自分で塗るのが

どうにも上手くできませんよね。

 

 

確かに、後ろをセルフでするのは

とっても難しい…。

 

 

そこで今回は、白髪染めをする時、

後ろを自分で上手く染めるには

どうすれば良いか、コツを紹介します。

 

白髪染めをする時、後ろは自分でやるときれいに染まらない…どうしてなの?

 

後頭部とか襟足って、とにかく自分で

白髪染めをするのが大変ですよね!

 

 

というのも、ずっと腕を

上げていないといけないので、

ものすごく疲れてきてしまうんです。

 

 

何より自分では見えない部分だから、

細かい所までしっかり染められているのか

気がかりですよね。

 

 

また、後頭部や襟足の白髪染めを

失敗してしまう人には、

ある共通点があるんですよ!

 

 

それは、髪をブロック分けしていないから。

 

 

髪をしっかりとキレイに染める時は、

先にヘアクリップを使って、

髪の毛を4つのブロック

分けておかないといけないんです。

 

 

そうしないと、髪の内側とか生え際まで

しっかり染められないので、

失敗しやすくなります。

 

 

この作業はちょっと面倒なので、

自分で染める時に

省いてしまいがちなんですね。

 

 

やっぱりキレイに染めるためにも、

面倒な手順でも絶対に

省かないようにしましょう。

 

白髪染めを自分でやる時のコツってある?セルフカラーの成功術!

 

白髪染めを自分でする時は、

どんなコツを押さえればいいのか

まとめました。

 

後頭部のブロック分けは絶対必要!

 

 

後頭部の白髪染めを成功させるためにも、

先ほども説明したように、

やっぱり髪の毛のブロック分けが重要。

 

まず、ヘアクリップを4つ用意してください。

 

そして後ろの髪の毛を左右2つに分け、

更に上下2つに分けていき、

クリップで留めておきましょう。

 

要するに、4つのブロックに

髪を分けておくんですね。

 

すると、後頭部に十文字の分け目

出来上がります。

 

この分け目を作るのが成功への近道なので、

絶対に省かないでくださいね。

 

後頭部の髪の毛がブロッキングできたら、

下のブロックから順に塗っていきましょう。

 

ブロッキングの根元から塗っていく

 

 

白髪染めは根元から塗っていく

成功しやすいですよ。

 

特におすすめなのは、

ブロック分けをして、

その根元から塗っていくこと。

 

まず左下のブロックを根元から染め、

次に右下、左上、右上のブロックと

染めていくという感じですね。

 

全ブロック共に、必ず根元から

塗っていくようにしましょう。

 

襟足の根元は塗り切れなかったら単独で塗る

 

後頭部はしっかり塗れたけれど、

襟足の根元はどうしても

上手く塗れない時がありますよね。

 

その場合はまず、髪全体を

上にまとめてアップの状態にします。

 

すると、襟足の根元が露出した状態になるので

ピンポイントに塗っていけますよ!

 

***

以上が髪の後ろの白髪染めを

成功させるコツです。

 

 

やっぱり後頭部の髪を染めるって、

大変なんですね…。

 

 

どうしても面倒だったり、上手く塗れない時は、

染まるまで時間はかかるけれど、

カラートリートメントを使って、

少しずつカラーリングしていくのもおすすめ。

 

 

特に敏感肌な人は、染料でアレルギー反応

起こすかも知れません。

 

 

安全に染めたい場合や白髪が多い人はぜひ、

カラートリートメントを選びましょう。

 

まとめ

 

 

白髪染めを成功させるには、

ヘアクリップを使い、後頭部の髪を

4つのブロックに分けて留めておくこと。

 

 

そして左下のブロックの根元から

塗っていきましょう。

 

 

襟足の根本は髪全体を

アップにしてからが良いですよ。

 

 

ただ、肌が弱い人や白髪が多い人は、

時間はかかるけれど、

カラートリートメントを使って

染めるのがおすすめです。

 

 

ぜひ試してみてくださいね♪

 

タイトルとURLをコピーしました