カレーを翌日の弁当に入れる場合はどうする?安心・安全な方法とは?

豆知識

 

カレーと言えば、一度に沢山つくっておく方も

多いのではないでしょうか?

 

そしてお弁当にできるのであれば、

とても楽ですよね!

 

私もお弁当にカレーをよく持たせています。

そしてカレーをお弁当にすると、

子供たちも喜んでくれます♪

 

今回は

カレーをお弁当にする際に気を付けること

容器の選び方やコツをご紹介します♪

 

カレーをお弁当にしたいけど菌の繁殖が心配…どう気をつければいい?

 

まずは、お弁当の菌の繁殖

ついてご説明いたします。

 

お弁当の菌は30度~40度

一番繁殖しやすいと言われています。

 

また、菌は多湿を好むため、

お弁当の蒸れは特に

菌が繁殖しやすいと言われています。

 

これらの条件をカレーに当てはめてみましょう。

暖かい季節になれば気温も高くなり、

菌が繁殖しやすくなります。

 

また、カレーは水分を多く

含んでいるので、多湿です。

 

こうした条件を見るとカレーは

お弁当に不向きなようにも見えますが、

しっかりと対策をとれば問題ありません。

 

方法は、カレーとご飯を入れる容器を分け

カレーは保冷剤などでしっかりと冷やすこと。

 

そして夏場などの気温の高い季節は

避けるようにしてください。

 

そうすれば、安全にカレーを

お弁当にすることができます♪

 

カレーのお弁当がこぼれないようにするには?容器の選び方とコツ!

 

カレーのお弁当がこぼれないようにするコツは、

容器の選び方です。

 

私がおすすめしたい容器は

“スープジャー”“インド式弁当箱”です。

 

スープジャーは名前の通り

スープを入れることができるお弁当箱です。

 

また、保温力も高いのでカレーを

冷やしてから更に保冷剤を使うことで、

菌が繁殖するのを防ぐこともできます。

 

インド式弁当箱も、

カレーにピッタリのお弁当箱です。

 

インドと言えばカレー、

カレーを入れられるように作られたお弁当箱なので、

カレーが漏れにくい構造となっています。

 

 

その他にも

“キャリーランチボウルフラット”

“フードキャリア”なんかも

カレーに向いています。

 

まずはバラエティショップ(ロフトやドン・キホーテ)などで、

どのような仕組みになっているのか

確認してから購入するといいでしょう。

 

まとめ

 

カレーをお弁当にする際は、

菌の繁殖には気を付けましょう。

 

温度と多湿にさえ気を付ければ問題ないので、

保冷剤などを使って対策を取ってください。

 

また、お弁当箱についてですが、

こちらは好みのタイプが分かれると思います。

 

まずはお店で確認して選んでみてください♪

 

タイトルとURLをコピーしました