ふるさと納税をお歳暮にしてばれる心配はないの?失礼にならない?

マナー・ルール

 

ふるさと納税の返礼品を

お歳暮にしたいけれど、ばれる心配がないか

気がかりになってしまいますよね…。

 

 

でもここ最近では、

ふるさと納税の返礼品をお歳暮にする、

という人も増えてきているんですよ。

 

 

確かにふるさと納税の返礼品をお歳暮に

出来れば、かなりお歳暮の用意をする

手間が省けるもの。

 

 

今回はそんな、ふるさと納税の返礼品を

お歳暮にしてもばれる心配はないのか

どのようにしてふるさと納税の返礼品を

お歳暮にするのかを紹介します。

 

 

ふるさと納税がお歳暮の代わりにできるって本当?どうやるの?

 

ふるさと納税の返礼品をお歳暮代わりにするには、

まず返礼品を自分の家に送ってもらい、

のし紙をしっかりかけた状態にして、

お歳暮の送り先に贈る、という方法があります。

 

 

でも、この方法だと

ちょっと手間がかかってしまいますね…。

 

 

そこで、筆者のおすすめとしては、

ふるさと納税の返礼品を自治体側からお歳暮として、

きちんとのし紙をかけてもらって、なおかつ

贈り主を寄付者であるあなたの氏名にして贈ること。

 

 

ふるさと納税をおこなっている自治体では

ここ最近で、返礼品をお歳暮代わりとして贈る

手続きが出来る場合も多いんです。

 

 

ということで、最もお手軽でなおかつ、

ふるさと納税の返礼品だとばれることが

ないようにするには、まずふるさと納税の

サイトである『さとふる』から、返礼品の

配送先指定をして、のし紙もかけて送ってもらうこと。

 

 

そうすればふるさと納税の返礼品は

きちんとお歳暮代わりになるし、

あなたの名前でお歳暮の贈り先に、ちゃんと

お歳暮の品として、届けることが出来ますよ。

 

 

ちなみに自治体によっては、配送日指定も出来るので、

お歳暮の時期にしっかり返礼品とばれることなく、

お歳暮の品を届けることも可能。

 

 

ただ、やっぱり最近はふるさと納税の返礼品を

お歳暮として、贈る人が増えてきているため、

なるべく早めにふるさと納税の返礼品は、

お歳暮として贈る手配をしておくと安心ですね!

 

 

それにしても、

ふるさと納税の返礼品をお歳暮として

贈れるって、かなり手軽だしとても良いですね!

 

 

お歳暮の準備って何かと大変なので、

ぜひふるさと納税を活用して、

お歳暮を贈りましょう。

 

 

ふるさと納税を贈り物にするって失礼にならない?注意点はある?

 

ふるさと納税をお歳暮にするのは、

きちんと贈り主をあなたの氏名にして、

そしてのし紙もかけた状態にしてもらえば、

失礼には当たりません。

 

 

ただし贈り主がちゃんとあなたの氏名に

なっていることと、お歳暮としてのし紙が

かけてある、ということが注意点ですね。

 

 

そのため、『さとふる』からふるさと納税の返礼品を

お歳暮として贈る際は、きちんとお歳暮として

配送できるかどうか、チェックしておきましょう。

 

 

自治体によっては、お歳暮対応していない

場合もあるのでご注意を。

 

 

でも最近だと

多くの自治体では、返礼品をお歳暮として、

贈ることが出来る場合もありますよ。

 

 

いずれにしても、『さとふる』を

しっかりチェックしておくことも大事ですね。

 

 

後はお歳暮に適している返礼品を

きちんと選んでおけば、贈り先に対して

失礼もなく、またばれることもなく、

安心してお歳暮を贈れるでしょう。

 

 

のし紙と贈り主をあなたの氏名にしておく

ということは必須なので、ぜひ忘れないようにして、

ふるさと納税の返礼品をお歳暮として贈りましょう!

 

 

まとめ

 

 

ふるさと納税の返礼品をお歳暮として贈りたい、

という場合は、さとふる』から、ふるさと納税の

返礼品の配送先をお歳暮の贈り先に指定すること。

 

 

そしてのし紙をかけてもらい、贈り主をあなたの

氏名にして、配送してもらいましょう。

 

 

そうすれば手間なく、そしてばれる心配もなく、

また失礼に当たることもなく、ふるさと納税の

返礼品を、お歳暮として贈ることが出来ますよ!

 

 

ただし贈り主の氏名をきちんとあなたの氏名に

しておくことと、お歳暮として贈るための

のし紙をかけて配送してもらうことを忘れずに。

 

タイトルとURLをコピーしました