スポンジの臭いが気になる!すぐ臭くなる原因と簡単な解決法とは!?

豆知識

 

ふとキッチンにある

スポンジの臭いを嗅いでみると…、

「臭い!」と思ったことはありませんか?

 

どんなものでも使っていくうちに

劣化するものですが、

食器に使うスポンジが臭いのは

気持ちいいものではありませんよね。

 

これから新しいスポンジを使うにしても、

臭いの対策方法を知りたいでしょう。

 

今回は、スポンジの嫌な臭いの原因と対策、

臭いを消す方法をご紹介します。

 

スポンジの嫌な臭いを消すには熱湯が効果あり!?臭いの原因と対策法

 

結論から言うと、

スポンジの嫌な臭いの原因は「雑菌」です。

 

スポンジに雑菌が付いているなんて

信じたくありませんよね…。

 

ちなみに、臭いがするレベルのスポンジは

トイレの便座の20万倍の菌

いるんだとか…。

 

雑菌が繫殖してしまう原因は、

キッチン周りの環境によるものです。

 

水場、多湿、生ごみなどの汚れ

(雑菌のエサとなります)、

この3つが雑菌が増殖する原因となります。

 

ちなみに、熱湯と言えば

殺菌作用があるイメージですが、

スポンジには効果がありません。

 

熱湯殺菌することで多少の菌は減りますが、

死滅しない菌が更に増殖してしまいます。

 

では、どうしたらスポンジの嫌な臭いを

消すことができるのでしょうか?

 

次の章でご紹介したいと思います♪

 

スポンジの嫌な臭いをシャットダウン!気になる臭いを消す方法とは?

 

スポンジの嫌な臭いを消すには、

まず雑菌を完全に

死滅させなければなりません。

 

そして、雑菌を死滅させる方法は

「乾燥」です。

 

雑菌が繫殖する原因を

もう一度思い出してみましょう。

 

水場、多湿、生ごみなどの汚れ…。

 

この3つが原因で菌が繫殖するということは、

この3つの逆のことをしてみてください。

 

まずはスポンジをキレイに洗って

汚れなどを取り除きます。

 

そしてしっかりと水気を切り、

天日干ししてあげましょう。

 

そうすると、雑菌を

死滅させることができるため

嫌な臭いも消すことができます♪

 

また、天日干しをするのが面倒な方は、

こまめにスポンジを替えるといいでしょう。

 

スポンジの臭いが気になる方は、

是非試してみてください。

 

まとめ

 

スポンジの嫌な臭いの原因や対処法などを

ご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

スポンジの嫌な臭いの原因は

「雑菌」によるものです。

 

雑菌は水や多湿、食べカスなどを

エサにし繫殖するので、

シンクに放置するのはNG!

 

上記の方法で天日干しをするか、

頻繁にスポンジを替えてください。

 

天気のいい日はスポンジを天日干しし、

スポンジの雑菌を死滅させましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました