少年サッカーのママがうざい!嫉妬・妬みでトラブルだらけ!?

子育て

 

子供が少年サッカーをしている場合、

親同士の交流もある程度は

しないといけないですよね。

 

 

でもサッカーのママ友がうざい

いう場合もあるでしょう。

 

 

子供の自慢話ばっかりだったり、

我が子と比べて何か言ってきたりなど…。

 

 

トラブルに発展しないためには

どうすればいいんでしょうか?

 

 

今回はサッカーのママ友の

トラブルを避ける方法を紹介します。

 

 

サッカーママの嫉妬には要注意!上手な子でも自慢はご法度!

 

我が子のサッカープレイが上手いと、

ついつい自慢したくなりますが、

他のママさんの嫉妬の対象になってしまうので

絶対に自慢はダメですよ!

 

 

サッカーに限ったことではありませんが、

お子さんに習い事をさせる場合、たとえどんなに

お子さんの上達が早かったとしても、

絶対にそれを他のママさんの前で

自慢してはいけません。

 

 

確かに誰かに言いたくなってしまいますが、

すると嫉妬の対象になってしまい、遠巻きにされたり

最悪の場合、お子さんが嫌がらせを受ける場合も!

 

 

それを防ぐためにも、自分からお子さんの

自慢はしないようにしましょう。

 

 

逆の立場になって考えればよくわかりますよ。

 

 

会うたびに自分の子の自慢話ばかりする

ママさんがいたりしたら、

仲良くしたいと心から思いますか?

 

 

きっと大半の人はNOと答えるでしょう。

 

 

やっぱり自慢話をする人って嫌われてしまうので、

たとえお子さんがどんなにサッカーが上手くても、

人前での自慢は避けるようにしましょう。

 

 

 

少年サッカーで妬みに直面したらどうする?トラブルの対処法とは!?

 

少年サッカーでママさん同士の

トラブルを回避するにはズバリ、

適度な距離感を保つことが大切です。

 

 

ママさんとは挨拶を交わしたり

必要な連絡を取り合うなど、

最低限のお付き合いだけを

しておけば問題ありませんよ。

 

 

あくまで親はサッカーをしている

子供のサポーターであることを意識し、

ママさんとの交流を目的としてないことを

しっかり心掛けておきましょう。

 

 

それでも妬みなどで万が一

トラブルに直面してしまったら、

徹底的に無視をすることが大事なんです。

 

 

そして相手とはとにかく

距離を置くようにしましょう。

 

 

無理に会話することもないので、

子供の練習の送り迎えをしたら

早々に帰ってしまうこと。

 

 

また、トラブルを避けるためには、

自分からサッカーの上達具合などは

話さない方がいいですね。

 

 

もし面倒くさそうなママさんが近づいてきたら、

適当に相手のお子さんを褒めてあしらっておいて、

そっと離れるのが一番ですよ。

 

 

やっぱりトラブルを避けるには、

距離感を保ったお付き合いをする、

当たり障りのない会話をするということが

ポイントなんですよね。

 

 

もちろん気の合うママさんがいるのでしたら、

交流を深めていってもいいですが、

そうでないのでしたら、

無理な付き合いは避けるようにしましょう。

 

 

まとめ

 

 

サッカーのママ友がうざい、

自慢話ばかり、と感じたら、

相手とはそっと距離を置くように

すると良いですよ。

 

 

トラブルに発展しても我関せずを

貫き通すことが大切です。

 

 

あくまでサッカーをしているお子さんの

サポーターをするのが本来の役割なので、

ママさんたちとの交流の場ではないことを

頭に入れておきましょう。

 

 

最低限のお付き合いを心掛けて、

適度な距離と当たり障りのない会話だけに

留めておくのがいいですね。

 

タイトルとURLをコピーしました