雷が怖い人に知ってほしい!対処法総まとめ!落雷事故の予防策も!

豆知識

 

突然光る空に大きな音…

って怖いですよね。

 

 

平気だよ~って人も多いと思いますが、

苦手だって人も多数いるはず。

 

 

かくいう私自身も雷は得意ではないです。

 

 

小さい頃は雷が鳴ると母の膝で泣いていた

記憶がありますし、習い事の帰り道に突然

鳴り始めた雷に怯えて大泣きしながら

帰宅したこともあるくらいです。

 

 

今は自分が母になったので、逆に

おびえる我が子を宥める側に変わりましたが、

得意ではないのは変わりません。

 

 

ネットで他の人の声を見てみると、

雷が苦手な人って結構いるんですよね。

 

 

読みながらも

「わかるわ~」なんて頷いています。

 

 

そこで今回は、

雷がどうしても怖い!という人へ。

 

 

雷が鳴った時の恐怖を少しでも

和らげるための対策を調べてみました。

 

 

ポイントは音と光をできるだけ遮断すること!

それと気を紛らわせることです。

 

 

ここでは完全に…というのは難しくても

出来るだけ遮断できる方法などを

いくつか紹介していこうと思います。

 

 

ぜひ、参考にして

雷を乗り切りましょう!

 

雷が怖い人がやっている対策3選!みんなはこうして耐えていた!

 

雷で怖いのは事故です。

 

 

家にいる時の対策として雷が鳴ったら

金属に触れないようにするとか、水回りや

照明器具から離れておくと安心です。

 

 

また、電源プラグも抜いても問題ないものは

抜いておくといいですね。

 

 

雷対応の電源タップもあるので準備しておくと

落雷での家電の故障も防ぐことができます。

 

 

さて、落雷の事故も怖いですが、

それがなくても怖いのが雷です。

 

 

なので、雷が怖い人のための

乗り切る方法を3つ紹介していきますね!

 

雷の音を聞こえにくくする

 

雷で怖い大きな音!これをできるだけ

聞こえないようにしましょう。

 

 

耳栓をするのも良いですが

個人的にはヘッドホンイヤホンですね。

 

 

ついでに好きな音楽を流しておけば

気持ちも紛れますからおススメです。

 

 

また、あらかじめ雷雨の予報がわかっていて

当日なんの予定もないのなら、

カラオケボックスに行っちゃうのも良いです。

 

 

カラオケ店って防音効果があるので

雷の音も聞こえにくいです。

 

 

光をできるだけ遮断する

 

雷で怖いのは音だけじゃなく光もですから

そこも対策しておきましょう。

 

 

まずカーテンを閉めてしまいます。

 

 

遮光効果のあるカーテンだとなお良いですね。

 

 

布団にもぐってしまうのも1つの方法です。

音も少し聞こえにくくなりますしね。

 

 

あと、これはネットで見た情報なんですが、

布団に入るということは寝る時じゃないですか。

 

 

だから脳が寝る状態だと感じて

心身ともにリラックスできる状態なんですね。

 

 

なので、布団にくるまれる安心感も

手伝って、雷の恐怖も軽減するはずです。

 

 

もう頭までかぶってしまいましょう!

 

 

1人ぼっちにならないようにする

 

部屋に1人でいるときの雷…

余計怖いじゃないですか。

 

 

家族がいたら家族と過ごしたり

友達を家に呼んで過ごしたりも良いですね。

 

 

昼間ならあえてショッピングセンターとかに

出かけちゃうのも手です。

 

 

自分以外の人がいることで

気持ちも紛れますし安心感も違います。

 

 

ただ、一人暮らしの人や夜中だと

難しいですよね。

 

 

そういう場合は上で紹介した方法で

光を遮断して、テレビやラジオを付けたり

ヘッドフォンで音楽を聴いて雷の音を

軽減する方法で乗り切りましょう。

 

 

本音レビュー!雷怖い人の知恵袋を覗いてわかったこと!

 

正直大人になって雷が怖いなんて

恥ずかしいし、情けないんじゃないかって

思うことありますよね。

 

 

私もそう思ってネットで調べていくうちに

雷が怖い人って結構いることが

分かったんです。

 

 

知恵袋なんかを見ていても

「雷が怖くて眠れない」とか

「家にいても外にいても怖い」

なんて声もありました。

 

 

雷が怖くない人は何で怖くないの?って

疑問を持っている人もいましたね。

 

 

雷のことを思い出すだけでも

怖くて涙が出てくるなんて人も…。

 

 

そういう人の中には実際に雷事故を

目撃してしまって、トラウマ

なってしまったと言う人もいました。

 

 

私の場合は気を紛らわせれば乗り切れるし、

今は子どもがいて怖がる子どもを安心させる

立場だという思いからか、昔ほど怯えることは

少ないです。

 

 

しかし、トラウマになってしまっている場合は

雷が鳴るとパニックを起こしたり過呼吸になったりと

深刻な症状が出てしまう人もいます。

 

 

晴れの日以外は気持ちが

落ち着かないという人もいましたね。

 

 

「雷恐怖症」という言葉もあって

精神科や心療内科で治療をすることも可能です。

 

 

例えば雷が鳴ったときにパニックや過呼吸を

起こしてしまうとか、心拍数の上昇や吐き気など

身体的に影響が出てしまう場合は、一度、病院で

診てもらうと楽になるのではないでしょうか。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

雷は落雷への対策をしておくと

それだけでも安心感がちがいますよね。

 

 

それに加えて音と光を出来るだけ

見ない聞かないのもポイントです。

 

 

そして気持ちを紛らわすことも忘れずに!

普通に雷が怖いというだけであれば

かなり効果がありますから、

ぜひ試してみてくださいね!

 

 

ただし、パニックなど身体に不調が出るほどや、

常に天気予報を気にして晴れの日じゃないと

落ち着かないと言う場合は、我慢をしないで

病院に行ってみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました