お下がりが迷惑になる場合ってどんな時?トラブルにならない方法は?

子育て

 

子供服のお下がりをあげるのって

やっぱり迷惑になってしまう?

 

 

すぐにサイズが合わなくなってしまう子供服は、

もっと小さい子がいるママ友に

お下がりとして渡したい場合もありますよね。

 

 

でもお下がりを渡すって、

何気にトラブルになりやすいんですよ。

 

 

なぜお下がりを贈ることが

トラブルになりやすいんでしょうか?

 

 

そこで今回は

お下がりが迷惑になってしまい、

トラブルに発展するかもしれないワケ

詳しく解説します。

 

 

お下がりってトラブルになりやすいって本当?具体的にはどんな風?

 

 

子供服のお下がりをあげるって、

一見とても良いことのように思えますよね。

 

 

やっぱり子供服って多い方が良いので、

お下がりを貰えると相手も

ありがたいように感じるはず。

 

 

ところが実際はそうでもないんですよ。

 

 

やっぱり我が子に着せたい服は人それぞれ。

 

 

趣味や好みも違うので、

お下がりをもらうよりも、

我が子の着る物は自分で選んで買ってあげたい

という親が多いんです。

 

 

それに、たくさん服があっても、

収納にこまるばかりだし、

いずれ着られなくなったら、

捨てたり処分しないといけなくなります。

 

 

そのため、お下がりを贈られるのって、

実は意外と迷惑で困ってしまうことなんですよね。

 

 

よかれと思ってお下がりを

どんどん寄こしてしまうと、

いらない服を押し付けてきているだけなんじゃあ、

と思われてしまう場合も…。

 

 

それにやっぱりお下がりって断りづらいので、

そもそもお下がりを渡されないように、

あなたと会う頻度を

減らしてくる可能性もあります。

 

 

お下がりってやっぱり、

本当に欲しい人にだけ渡すのが一番なんですね。

 

 

ちなみに筆者も親戚の人から

衣類のお下がりをもらって、

とっても困った記憶があります。

 

 

やっぱり服って特に趣味が人それぞれなので、

あまりお下がりを相手に渡すようなことは

しない方がいいですよ。

 

 

お下がりをあげる側が気を付けることって?注意点と伝え方!

 

お下がりをあげる側が気を付けるべきことは、

まずきちんと衣類を洗濯しておくこと。

 

 

食べこぼしなどのシミがないかなども

しっかりチェックして、

ほつれ虫食いなどのがないかも確認して、

状態が良いものだけをあげるようにしましょう。

 

 

そして相手にお下がりを渡す際は、

気に入らなかったら遠慮なく捨ててね

という一言を付け加えるといいですね。

 

 

また、そもそもいるかどうか分からない

お下がりをあげるよりも、

家に呼んであげて、着なくなった服を並べて、

ほしい服があったら持っていっていいよ、

相手に選ばせてあげるのが最もおすすめです。

 

 

この方法なら、

本当に相手が欲しいものをあげられるし、

無理やりお下がりを押し付けている、

ということにならないので安心です。

 

 

ということでお下がりってあげる側も、

何かを気をつけないといけないことが

多いんですね。

 

 

ぜひお下がりを渡す時は、

状態の良いものだけを、

相手に選ばせてあげるように

していきましょう。

 

 

まとめ

 

 

お下がりをあげるのって、実は相手にとって、

迷惑なことになりかねません。

 

 

子供に着せたい服の趣味は

やっぱり人それぞれだし、

たくさん服があっても邪魔なだけですからね。

 

 

そのため、お下がりをあげる時はまず、

キレイな状態にしておくこと。

 

 

そして欲しいものがないか、

相手に選ばせてあげると良いでしょう。

 

 

もちろん相手の欲しいものがない場合もあるので、

そうなったら無理に押し付けずに、

自分で不要な子供服は処分したり、

フリマアプリリサイクルショップ

出してしまうといいですね。

 

タイトルとURLをコピーしました