自転車でレインコートは危険!?ポンチョにすべき?どっちもダメ?

子育て

 

雨の日に子どもが自転車に乗るときって

皆さんは何を着せていますか?

 

 

そもそも雨の日に自転車で出かけさせないって

場合もあるでしょうけど…。

 

 

でも、例えば習い事とかに行くときに、

ママが仕事とかの時は子どもが自分で

自転車に乗って行くこともあるのでは

ないでしょうか。

 

 

自転車ですから傘をさして行くのは

危ないですから、そうなるとレインコート

ポンチョを着て行くことになりますよね。

 

 

そこで気になるのが、

レインコートとポンチョどっちが良いか…

ではないでしょうか。

 

 

うちにも子どもがいて、雨の日でも

自転車で友達の家に行ったりするので、

傘以外の雨具は必要でした。

 

 

レインコートもポンチョも両方使っていた

私としては、どちらもメリット・デメリットが

あるんですよね。

 

 

今回は子どもが自転車に乗るときの

雨具でレインコートポンチョか悩んでいる

ママさんのために、両方の特徴メリット・

デメリットをお伝えしていこうかなと思います。

 

 

これから子ども用の雨具を用意する際の

参考にしてみてください♪

 

 

レインコートとポンチョの違いは?メリットデメリットを知って選ぼう

 

まず、レインコートとポンチョを選ぶために

それぞれの違いとメリット・デメリットから

書いていきますね。

 

 

レインコート

 

レインコートはその名の通りコートのように

服の上から羽織るタイプのものです。

 

 

ちゃんと袖があって

オシャレなものも多いですね。

 

 

メリットとしては

雨をしっかり防いでくれることですね。

 

 

袖がしっかりあるので、

めくれてしまうこともないですし。

動きやすいのもレインコートの良いところです。

 

 

雨風が酷いときや長時間使う場合は

レインコートが安心です。

 

 

ただ、レインコートは袖がしっかりしているし

ボタンやファスナーもあるので、小さい子だと

1人で脱着するのは大変かもしれませんね。

 

 

あとしっかり雨風を防ぐ点から蒸れやすいです。

通気口があるレインコートも売っているので、

そういう商品を選んであげると良いですよ。

 

 

ポンチョ

 

ポンチョはレインコートと違って袖がなくて

頭からスポッと被る感じで着用するものです。

 

 

ボタンもなくサッと着用できますので

小さい子でも自分で脱着しやすいです。

 

 

しっかり覆ってしまうタイプではないので

蒸れることもなく夏場でも暑くないです。

 

 

ただ、ポンチョは丈が短くて

足元が濡れてしまいやすいです。

 

 

腕を持ち上げると裾も持ち上がってしまうので

自転車に乗っていると足が濡れてしまうことも…。

 

 

自転車で走っていると風で

めくれてしまうことも多々あります…。

 

 

ポンチョは短時間の外出や

雨が少ない場合は向きですね。

 

 

レインポンチョとレインコートどっちが子供向け?選び方のコツを紹介

 

結局レインコートとポンチョどっちが

子どもに良いのか、なのですが…

時と場合次第…ですね。

 

 

例えば全身を濡らしたくない!とか

動きやすのが良い場合はレインコート

向いていますし、多少濡れてもサッと簡単に

羽織れるのが良いのであればポンチョが良いです。

 

 

レインコートやポンチョで自転車に乗るのが

危ないと言う意見もありますが、物を選べば

危ないことはないです。

 

 

自転車向きのポンチョやレインコートを

買えば大丈夫です。

 

 

引っかかったりすることが少ないので、

小さい子だとポンチョの方が自転車には

乗りやすいですけどね。

 

 

ただ、膝辺りが雨で多少濡れるのは

覚悟が必要です。

 

 

そうそう!

リュックやカバンを背負ったまま着たい

場合なんですけど、ポンチョの方がゆったりです。

 

 

レインコートでもランドセルを着たまま

羽織れるタイプも売られていますし、

身体もカバンも濡れにくいですが、

着心地が若干きつくなるので…。

 

 

全体的に広がりのあるポンチョを選べば

足も濡れにくいです…雨が酷いと、

ちょっとは濡れますけどね。

 

 

ちなみに我が家は

ポンチョもレインコートも両方あります。

出かける時間や雨の様子でどっちを

着せるか決めますね。

 

 

たとえば出かける前は雨が降ってないけど

帰りとか途中パラパラしそうだな~ってときは

ポンチョを持って出かけます。

 

 

ポンチョならコンパクトに仕舞えますし、

急に雨が降ってきてもサッと出して着させられるので

行く前から酷い雨が降ってる!ってとき以外は

ポンチョのことが多いです。

 

 

出かける段階ですでに結構な雨が降っているとか

帰るまで確実に止まないのがわかっている場合は

レインコートで出かけます。

 

 

我が家の地区は小学校低学年までは

自転車は保護者と一緒に…とされていまして、

低学年の頃は子どもだけで自転車で

出かけることがなかったんです。

 

 

だから、脱着は私が手伝ったりしていましたから

そこは問題なかったです。

 

 

高学年になってからは出かける時の

カバンにポンチョを常時入れてありますし、

雨が酷いときなんかは自分でレインコートを

着て出かけていきます。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

子どもが雨の日に自転車にのるときは

ただでさえ危ない気がするので、

できるだけ安全で雨風が防げる雨具

準備してあげたいですよね。

 

 

1人で脱着しやすいものはポンチョがダントツですし、

雨風防ごうとしたらレインコートの方が良いです。

 

 

季節によっても変わってくるので

悩むところですけどね。

 

 

我が家のように両方、

準備しておくのも手ですしね(笑)

 

 

レインコートとポンチョ、どちらも

それぞれメリットやデメリットがありますから、

お子さんの年齢や出かける頻度を見て合った

雨具を選んであげて下さい!

 

タイトルとURLをコピーしました