コーラを子供に飲ませてもいいのはいつから?カフェインの影響ある?

子育て

 

何故か子供って

コーラを飲みたがりますよね。

 

 

私も小さい頃コーラが大好きでした。

 

 

しかし、コーラには

カフェインなどが含まれているので、

体への影響が気になります。

 

 

ちなみに

「コーラをいつから飲ませるか」については、

“3歳から飲ませている”という方や

“小学生から解禁した”という方がいました。

 

 

今回は、コーラによる子供の体への影響や

炭酸飲料についてご紹介します。

 

コーラを子供が飲みたがる前に知っておくべき体への影響とは?

 

コーラが体に及ぼす影響は3つあります。

それは、糖分」「炭酸」「カフェイン」です。

 

 

コーラを与える場合は以下の影響を参考にし、

量に気をつけてあげましょう。

 

 

糖分はもちろん取り過ぎは

体によくありませんし、

虫歯や肥満の原因になります。

 

 

特に子供の歯は虫歯になりやすく、

糖分の影響を受けやすいです。

 

 

また、糖分は依存性にもなりえるので、

飲ませる場合は、十分に

量に注意しなければなりません。

 

 

次に炭酸ですが、

炭酸による悪影響は特にありませんでした。

 

 

しかし、何故か

「炭酸はよくない」と言われています。

 

 

おそらく理由は、炭酸飲料には

沢山の糖分が含まれているためでしょう。

 

 

最後にカフェインについてですが、

カフェインには興奮作用があります。

 

 

夜にコーラを飲むとカフェインが作用し、

眠気が覚めてしまったり

成長ホルモンの分泌が減少するなどの

影響があるため、

やはり子供にはよくありません。

 

 

その他にもカフェインには

中毒症状を引き起こす可能性もあると

言われています。

 

 

大量摂取しなければ問題ありませんが、

子供は大人より悪影響を受けやすいので

気を付けなければなりません。

 

コーラは子供が飲むと害がある?炭酸飲料の本当の話

 

コーラによる子供への害は、

先ほどご紹介した、

糖分とカフェインが当てはまります。

 

 

たくさん与えれば、より害を

受けてしまう恐れがあります。

 

 

また、コーラ以外の炭酸飲料にも

基本的に糖分が多く含まれているため、

どんな炭酸飲料も与える量には

気を付けなければならなりません。

 

 

カフェインは、大人でも

大量に摂取すれば毒になってしまいます。

 

 

子供にせがまれると

与えてたくなってしまうかもしれませんが、

子供が小さいうちは量には気を付け、

少量だけ与えるようにするといいでしょう。

 

まとめ

 

コーラには糖分

カフェインが多く含まれています。

 

 

糖分やカフェインは量次第で、

大人にとっても悪影響を与えてしまいます。

 

 

また、他の炭酸飲料にも糖分などが

多く含まれているので

特に子供が小さいうちは、

与える量に気を付けてくださいね!

 

タイトルとURLをコピーしました