小学校受験は意味ないって本当?私立と公立のメリットデメリットは?

子育て

 

子どもを教育環境の

良い設備の整った学校に…。

 

 

カリキュラムもしっかりしている

私立小学校に行かせようと受験

しようとする親御さんって、私たちが

子どもの頃より増えていますよね。

 

 

私の周りでも小学校受験を考えている

ママさんや、実際に私立小学校に入学させた

ママさんが何人かいます。

 

 

学生のころからの友人は、私立小学校を

受験して入学が決まっていたけど、

最終的に公立の小学校に入学させたと

いうパターンも…。

 

 

人によっては

「小さいころから受験なんてかわそう」とか

いろいろ言う人がいますよね。

 

 

友人もいわれていましたし、周りのママさんでも

「〇くん小学校受験なんてかわいそうね」って

噂もききました。

 

 

ちなみにうちは子どもが4人いますが、

私立は検討したこともありませんでした。

 

 

単純に金銭面の問題で、環境が許せば

小学校受験も考えたのかな~とは思いますが

うちは公立でよかったと思っています。

 

 

私立にも公立にもメリット・デメリットが

ありますからどちらだから良いとも

かわいそうとも私は思いませんけどね。

 

 

今回は子どもの小学校受験について

ママや子ども自身の本音を交えつつ

メリットとデメリットをまとめていこうと

思います。

 

 

これから小学校入学を控えている

お子さんがいるママさんの参考に

していただけたら…と思います。

 

 

小学校受験はかわいそう?受検を後悔している人の本音をレビュー!

 

小学校受験を子どもにさせるのは

かわいそうか…。

 

 

少なくとも私の周りの子どもさんを見て

受験なんてかわいそうという雰囲気は

なかったです。

 

 

言う人はいましたけど…

別に勉強漬けということもなかったし

確かに塾みたいなものに通ってはいましたが、

子ども自身が楽しそうだったので。

 

 

受験をさせて結局は公立を選んだ私の友人も

受験自体は後悔していないといっています。

 

 

ネットの話題なんかを見ていると

色々な意見があるので…デメリット

目立ちますからね。

 

 

ネットで見た中で私立に入れたことを

後悔している人の意見として私立の

デメリットを見ると、

 

 

・お金が思ったよりかかること

・受験は親のエゴだったのではないか?

・入学した学校が子どもに合わなかった

・高校大学までエスカレーターだから勉強を怠るようになった

 

 

上記の例が多かったですね。

私立ですから公立に比べると制服や設備費など

金銭的な負担は確かに大きいでしょう。

 

 

学校を見学もして入学が決まったけど、

いざ入学したら子どもに合わなくて

子どもが学校に行きたくないという

ようになったとか…。

 

 

また大学までのエスカレーター方式で

受験をしなくても上に上がれることは

私立小学校のメリットでもありますが、

目標に向けて勉強をすることをしなくなる

いう声もありました。

 

 

お金の問題以外は子どもの

性格によるので、すべての子に

当てはまるものではないですけどね。

 

 

親のエゴと思ってしまうのは

ありがちですね。

 

 

小学校受験って子ども自身の意思で

考えてって少ないですから、親がある程度

道を示したうえでの受験ということが

多いですから。

 

 

小学校受験をする子が増えているとはいえ

まだ小学校は公立メインのイメージで

公立に行かせる人のほうが多いです。

 

 

だから人によっては受験をさせる人を

色眼鏡で見てしまう部分もあって

「かわいそう」と思われてしまうもの。

 

 

受験は悪いことばかりじゃないです。

 

 

小学校の受験は子どもと親の連携が

大事ですから、じっくり子どもと

向き合う時間になったからよかった

と私の友人はいっていましたよ。

 

 

周りのママさんの意見やネットの

話題を参考に私立公立のメリットと

デメリットを書き出してみました。

 

 

私立小学校のメリット

 

・高校または大学までエスカレーター式

・設備が整っている

・教育環境が良い

・独自のカリキュラムがあるところが多い

 

 

私立小学校のデメリット

 

・お金がかかる

・エスカレーター式だからと勉強をしなくなる

・仲の良い友達と離れることになる

 

 

公立小学校のメリット

 

・学費がほとんどかからない

・近所の友達と同じ学校に行ける

・家から近い

 

 

公立小学校のデメリット

 

・いろんな家庭環境の子どもがいる

・先生の異動がある

 

 

メリット、デメリット参考にして、

また子どもとも向き合いながら

進む方向を決めて頂ければと思います。

 

 

小学校受験をする子供の気持ちが知りたい!親には言えない本音とは?

 

親の気持ちは色々ですが、

小学校受験をすることを子ども自身が

どう思っているかも気になるところです。

 

 

友人が私立に入学が決まっていたのに

なぜ公立を選んだのか、を聞いてみると、

子どもが友達と同じ小学校がいい

言ったからだそうです。

 

 

受験までは「よくわからない」って状態で

こなしていましたが、いざ入学が決まって

保育園で仲が良かった友達と小学校が

違うと気が付いたのでしょうね。

 

 

もともと内気な子で本当に仲が良い子としか

遊べないような子だったのもあって、

「みんなと違う学校」が不安だったみたいです。

 

 

友人は制服やかばんも揃えていたのに

子どもの気持ちを優先させて

公立に替えました。

 

 

その選択は正解で、子どもも元気に

学校に行けていたし、受験のために

勉強をする習慣がついていたから

学校生活もスムーズだったようです。

 

 

その後、自分の意思で中学校受験をして

今は私立の中学校に通っています。

 

 

ネットなんかを見ていると、子ども自身は

私立小学校に入ったことを後悔していると

いう意見は少ない印象でしたよ。

 

 

私立だから建物はキレイだし、

公立にはないカリキュラムもあります。

 

 

友達同士の絆も深いという

意見もありました。

 

 

もちろん、子どもの性格と学校が

合わない!なんてこともありましたけど…

こればっかりは入学前にはわかりません。

 

 

それに、学校が合うかどうかなんて

公立でも起こることです。

 

 

最初は嫌がっても入学したら

馴染んでいたなんてこともありますから。

 

 

子どもの様子を見ながら受験を

進めていくのが一番良いですね。

 

 

まとめ

 

 

子どもに小学校受験をさせるというと

「かわいそう」とか受験の本質を知らない人は

いらぬお世話で言ってくる場合があります。

 

 

子どもを想って決めたのなら、周りの

言うことなんて気にする必要はありません。

 

 

私立だからかわいそうということも

公立だから絶対に良い!とも言えないです。

 

 

どっちにしても子どもを想って

決めたことですから、周りに流されずに

子どもと親御さんで選んだ道を進んで

いけば良いのではないでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました