夫婦喧嘩って赤ちゃんにも影響はあるの?気になる悪影響と体の関係!

子育て

 

夫婦生活は、色々なことがあります。

時にはぶつかり合い、

喧嘩になってしまうこともあるでしょう。

 

お互い納得するまで話し合うことは大事ですが、

その際一つ気になる点があります。

 

それは、赤ちゃんに悪影響を与えていないだろうか…?

という点です。

 

今回は、夫婦喧嘩と赤ちゃんへの影響などを

ご紹介します。

 

夫婦喧嘩のせい?赤ちゃんが寝ないのって関係あるの?

 

まずは、夫婦喧嘩による赤ちゃんへの影響

ご説明いたします。

 

  • 夫婦喧嘩をすることで赤ちゃんに不安や緊張、恐怖などを感じさせてしまう。

 

赤ちゃんは私たちのように

言葉を話すことが出来ません。

 

しかし、赤ちゃんは大人よりも周囲の雰囲気に過敏で、

ピリピリ感などが伝わりやすいです。

 

そのため目の前で喧嘩をすることによって

不安や緊張、恐怖を感じてしまいます。

 

  • 結果的に体調を崩してしまうことも…。

 

不安や緊張、恐怖などを頻繫に感じてしまうことで、

赤ちゃんにもストレスがかかります。

 

そしてそのストレスが、体調にも影響を

及ぼしてしまいます。

 

例えば、発熱嘔吐下痢

泣き叫ぶ元気がない…。

 

この二つをあわせて考えてみると、

夫婦喧嘩によって赤ちゃんが寝ないということも

十分にあり得る話だと思います。

 

夫婦喧嘩と赤ちゃんの夜泣きの関係は?夫婦喧嘩の悪影響とは!?

 

先ほどもご紹介した通り、

夫婦喧嘩をすることによって

赤ちゃんには様々な影響が考えられます。

 

喧嘩をした日に夜泣きが酷い場合は、

もしかしたらそういった影響を

受けているのかもしれません。

 

私も赤ちゃんではないですが、

幼いころに夫婦喧嘩を見てよく泣いていたものです。

 

大人になれば気にならなくなりますが、

幼い子にとっては辛いものなのかもしれません。

 

また、体調面のほかにも精神面への影響

考えられるといわれています。

 

例えば、小さな音に反応したり、

癇癪を起こしたり、落ち着きがなくなったり…。

 

やはり、精神面にも悪影響を与えてしまう

ということは、よくありませんよね。

 

人間ですので喧嘩はしてしまうものですが、

赤ちゃんの前ではこらえた方がいいでしょう。

 

まとめ

 

夫婦喧嘩と赤ちゃんへの影響などを

ご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

夫婦喧嘩をすることによって赤ちゃんには

色々な悪影響を与えてしまいます。

 

体調面だけではなく精神面でも

辛い思いをしてしまうので、

赤ちゃんの前では喧嘩をするのは

避けた方がいいでしょう。

 

喧嘩になる前に冷静に話し合い、

お互い落ち着いて大人の対応をとってください。

 

タイトルとURLをコピーしました