アロマキャンドルは100均で買うと危険!?安全な物の見分け方は?

疲れた心を温かい炎の光と香りで

癒してくれるアロマキャンドル

お風呂で使ったり部屋で使ったりと

活用をしている人は結構いますよね。

今は100均にも売っているので

手軽にアロマキャンドルを

買うことができるのですが…

ぶっちゃけ!

100均のアロマキャンドルって

安全面はどうなの?って思いません?

私は以前、100均で買ったアロマキャンドル

を使ったら頭が痛くなってしまいました。

友人からもらったアロマキャンドルでは、

そんなことはなかったのですが…。

そのときは香りが強かったのかな?とも

考えたのですが、ちょっと気になって

調べてみました。

実はアロマキャンドルって使われている

原材料が大事で、中には身体に良くない

成分が入っていることもあるのです。

今回はアロマキャンドルの何が危険なのか

安全なアロマキャンドルを選ぶ方法などと

合わせて紹介していきたいと思います。

アロマキャンドルの選び方に

悩んでいる方の参考にして

もらえたら嬉しいです。

目次

私だけ?アロマキャンドルを使うと気持ち悪い!実は有害!?

アロマキャンドル

火をつけて燃やして使います。

その香りを吸うのですから危険な成分

入っていたら怖いですよね。

たしかにアロマキャンドルはどの商品も安全!

…というわけにはいかなくて、特に安価の

キャンドルには注意が必要な場合があるのです。

注意してほしいのは

原材料の部分になります。

原材料の表示を見て下記に紹介するものが

入っていたら、燃やして使うのは

避けたほうがよいです。

パラフィンワックス

揮発性有機化合物を含む煙が出ますが、

これが身体には有害な成分が入っているので

喘息を起こすなど身体に不調が出る

可能性があります。

キャンドルの補強芯

キャンドルの芯のなかに補強するために

紙や金属が入っていることがあるのですが、

これは燃えることでススが発生します。

補強された芯のススは亜鉛などの

有害物質が含まれている可能性

あります。

合成香料

アロマキャンドルには香りを

強くするために、人工的に作られた

合成香料を使っている場合があります。

この香料でアレルギー

起こす人もいます。

これ以外にもキャンドルに綺麗な

色を付けるために塗料も使っている

可能性があります。

身体のことを考えたらアロマキャンドルは

安価のものじゃなく、少し高くても安全な

ものを選んで使うほうがよいですね。

アロマキャンドルはどれを選べば無害?おすすめキャンドル3選!

安価なアロマキャンドルには

全てではないかもですが、

危険な成分が含まれている可能性が

あるなら避けるべきですね。

それなら、どんなアロマキャンドルなら

大丈夫なのか…なのですが、やはり

重要なのは原材料です。

植物由来のものなどの天然素材のみを

使ったアロマキャンドルを使うように

することが重要です。

アロマキャンドルに使われる天然素材として

あげられるのは天然の蜜蝋ソイワックス

パームワックスなどでどれも化粧品に使われて

いるなど安心して使える材料になります。

蜜蝋は食べることもできる素材だから

安心ですよね。

香りの成分としても植物から作られた

精油を使っているものが安心ですし、

芯はオーガニックコットンのみ

使っているものが◎です。

天然素材を使ったアロマキャンドルの

おすすめを3つ紹介しますので、

ぜひ試してみて下さい。

生活の木シトロネラ虫よけキャンドル

天然素材100%!虫よけにもなる

アロマキャンドルです。

夏にはかなり活躍しますね!

素材にパームワックス蜜蝋

使われています。

これ、私も友人にもらって使って

みましたけど、虫よけ効果はありましたね!

容器の中で燃やすので

キャンプとかにもよいです。

生活の木
¥1,904 (2022/07/01 05:54時点 | Amazon調べ)

malie organics ソイキャンドル

ソイワックスが使われていて、

天然素材100%です。

これも友人から

プレゼントされて使いました。

友人からもらったのは

プルメリアの香りでした。

Malie Organics(マリエオーガニクス)
¥7,150 (2022/07/01 05:54時点 | Amazon調べ)

手作りアロマキャンドル

最後に紹介するのは

手作りのアロマキャンドルです。

作り方はいたってシンプル。

まず、耐熱の容器にキャンドルのワックス

入れて湯煎で溶かして、溶けたワックスに

好きな香りのエッセンシャルオイルを入れます。

次に、キャンドルの芯を割りばしなどで

挟んで固定して型におきます。

そこにワックスを流し入れて

固まったら出来上がりです。

自分で作ったものなら、何が入って

いるのかわかりますから安心ですよね。

アロマキャンドルの材料は

アロマオイルの専門店などで

買うことができますよ。

天然素材のアロマキャンドルでも

火をつけて燃やすので、できるだけ密室に

ならないように気をつけて下さいね!

換気も大事ですよ!

まとめ

アロマキャンドルを使って癒されようと

思ったのに、体調を崩してしまったら

困ってしまいますよね。

安価なものでも大丈夫な場合もあるので、

すべてダメというわけではないですけど…。

念のために100均などで

アロマキャンドルを買うときは

原材料をしっかりチェックして、

天然素材100%のものを選ぶように

しましょう。

つい安価で済ましたくなりますが、

身体のことを考えたら、よいものを

使うほうが安心です。

個人的には、手作りが安心だし

簡単にできるのでおすすめします。

作り方も簡単で子どもでも作れて

しまうので、一度試してみて下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる