夜泣きっていつからいつまで?気になる夜泣きの傾向とその対策!

子育て

 

子供の夜泣きが始まると、

親の私たちも不安な気持

なってしまいますよね…。

 

 

まだ夜泣きが始まっていない方にとっても

気になることでしょう。

 

 

「夜泣きはいつからいつまで?」と、

考えるものですが、もちろん

子供によっても違います。

 

 

とは言え、目安くらいは知りたいですよね。

 

 

今回は、夜泣きはいつからいつまでなのか、

原因や傾向、対策などをご紹介します。

 

夜泣きはいつから始まるの?赤ちゃんの夜泣きのきっかけと原因は?

 

夜泣きが始まるのは、

およそ「生後10か月から」と言われています。

 

 

先ほど言いましたが、

もちろん子供によって異なるものです。

 

 

もしかしたら10か月より早いかもしれないし、

遅いかもしれません。

 

 

その辺を踏まえて、夜泣きの原因についても

ご紹介していきます。

 

 

★昼間にはしゃぎすぎた

★いつもと寝る環境が違う

★授乳期間

★下の子が生まれて、赤ちゃん返りが始まった

 

原因については、

以上のようなものが考えられます。

 

 

我が家の場合は、

寝る環境が違うというのが当てはまりました。

 

 

寝る環境が違うとなんとなく

不安な気持ちになったり、落ち着かなくて

泣いていたのかなと思います。

 

夜泣きっていつ終わる?夜泣きの傾向とすぐにできる対策!

 

夜泣きは、およそ「2歳」まで

という声が多かったです。

 

 

夜泣きの傾向としては

原因と繋がりがあるので、

原因から対策を取るといいでしょう。

 

 

それでは、夜泣きの対策をご紹介します。

 

★夜泣きを始めたら電気をつけて落ち着かせる

★ベンランダなどに出て、あやしてみる

★ひたすら抱っこする

 

対策については、このように

簡単なものばかりです。

 

 

中には「気にせず様子だけを見ている」

という方もいるくらいですので、

あまり気に病む必要はないですよ。

 

 

夜泣きは必ず終わるものなので、

「どうして!?」と考えすぎるのは

やめましょう。

 

 

考えれば考えるほど、疲れてしまいます。

 

 

原因があるようでしたら対策を取り、

頑張りすぎないようにしてくださいね。

 

まとめ

 

夜泣きについてご紹介しましたが、

いかがでしたか?

 

 

夜泣きは10か月~2歳まで、

と言われています。

 

 

長引くこともありますが、

夜泣きは必ず終わりがあるものです。

 

 

原因を考えて対策を取ることは

素晴らしいことですが、あまり

気に病まないようにしてくださいね。

 

 

そして、夜泣きは母親だけではなく、

父親と二人で乗り越えて行きましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました