ハンガーラックは粗大ゴミ!?手数料を安くするコツってあるの!?

ハンガーラックって
粗大ゴミとして処分すべき?

でも粗大ゴミとして処分する場合って、
お金がかかりますね…。

どうにかして安く捨てることは
出来ないのでしょうか?

今回はそんな、
ハンガーラックの捨て方をご紹介!

粗大ゴミとして捨てなければいけないのか、
不燃ゴミでも捨てることが出来るのかを
詳しく解説します。

目次

ハンガーラックは粗大ゴミ!?分解すると安くなるってホント!?

ハンガーラックは分解してゴミ袋に
入れることが可能なのでしたら、不燃ゴミや
資源ゴミなどとして捨てることが出来ます。

分解して指定のゴミ袋にきちんと
入れられる場合なら、費用はその
ゴミ袋代だけなので安く処分できますね!

以前筆者も、少し大きめの食器洗いカゴを
捨てようとしたんですが、そのままだと
指定のゴミ袋に入らなかったので、
ノコギリで分解したことがあります。

ちなみに、ハンガーラックを分解して
捨てる場合は、必ず何ゴミになるのかを
チェックしておきましょう。

地域によっては、不燃ゴミだったり
資源ゴミになる場合もあります。

きちんと分別して捨てないと
回収されないので、くれぐれも捨てる際の
分別は調べておいてくださいね!

ただ、大きめのハンガーラックの場合って、
分解するのも大変な場合があるもの…。

それに、分解できたとしても指定のゴミ袋に
入らないこともあるでしょう。

どうしても分解しても処分しづらいのでしたら、
ハンガーラックは粗大ゴミとして捨てた方が
手っ取り早いですよ。

ハンガーラックは分解した時の大きさに
応じて、捨て方を考えていくと良いですね。

ハンガーラックはどうやっても粗大ゴミ!?分類を変える事は出来る?

ハンガーラックは分解することが出来るなら、
分類は粗大ゴミではなく、地域によっては
不燃ゴミ資源ゴミとして、捨てることが
出来るものです。

ただ、先ほども説明したように、
分解できない・分解してもパーツが
大き過ぎるハンガーラックなのでしたら、
粗大ゴミで捨てるのがやっぱりベスト。

粗大ゴミだとどうしても
手数料がかかってしまいますが、
廃品回収よりも比較的に安いですよ!

廃品回収業者に依頼をすると、かなり
費用がかかることが多いんですよね…。

筆者も以前、引っ越しの際に廃品回収を
してもらったことがありますが、かなり
費用がかさんでしまいました…。

ということでやっぱり、ハンガーラックは
分解して捨てられないなら、粗大ゴミとして
処分をするのが費用を安く出来るものなんです。

筆者もちょうど少し前に、粗大ゴミを
出しましたが、費用は数百円とかなり
安かったので、安心しました。

ぜひ手軽に処分するためにも、
ハンガーラックを粗大ゴミとして捨てる、
ということを検討していきましょう。

まとめ

ハンガーラックは分解できるのでしたら、
ゴミ袋に入れて、地域の分別方法通りに
処分してください。

ただ、分解できなかったり、
分解してもゴミ袋に入りそうにないなら、
粗大ゴミとして処分した方が費用は安いですよ。

廃品回収だと費用が高くなりがちなので、
なるべく地域の指定に応じて、ハンガーラックを
処分しましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次