ドラレコにバックカメラはいらない?前後につける意味と必要性!

豆知識

 

ドラレコのバックカメラって

やっぱり必要なんでしょうか…?

 

 

前方だけにドラレコがあれば

十分な気もしますよね。

 

 

でも、いざという時のためにも

バックカメラがあった方が

何かと安心かもしれませんよ。

 

 

そこで今回は、

ドラレコのバックカメラはあった方が良いのか、

後方も撮影するべき意味や必要性を紹介します。

 

ドラレコのバックカメラはあった方が良い?後ろを撮影する意味!

 

ドラレコのバックカメラをつける意味は、

後ろからの追突事故を撮影しておくためです。

 

 

最近は特あおり運転によって

事故が起きたなど、よく耳にしますよね。

 

 

いきなり後ろから来た車にあおり運転をされ、

事故が起きてしまった場合や

相手ドライバーとトラブルになった場合も、

ドラレコのバックカメラがあれば

証拠として提出できます。

 

 

ドライバーが女性だった場合には

特にあおり運転の被害に遭いやすいので、

バックカメラはあった方が安心ですよ。

 

 

もちろんあおり運転でなくても、

追突事故が発生した場合にも証拠になります。

 

 

バックカメラがあると

もしもの時に有利になるので

本当に安心ですよ!

 

 

車の後方にドラレコのバックカメラがあっても

意味がないように感じますが、

自動車事故の多くは追突事故なんです。

 

 

相手の車にドラレコがついていれば

その映像が証拠になりますが、

ドラレコが搭載されていない車に

追突される可能性もあります。

 

 

そうなると、やっぱり自分の車に

前後のドラレコがあると安心なんですね。

 

 

ちなみに我が家の車には前方しか

ドラレコがついていないので、

追突されたらかなりマズいです…(汗)。

 

 

ドラレコ搭載の車のほとんどは、

前方のカメラだけですが、

もしもの時が心配なら、やっぱり

バックカメラも取り付けておくと良いですね。

 

ドラレコのバックカメラが映らないとだめ?もう1つの対策!

 

ドラレコのバックカメラは

事故の記録を残すためのものなので

映像を録らないと意味がありませんよね。

 

 

しかし、あおり運転対策なのでしたら、

実際にバックカメラを取り付けておかなくても

『ドライブレコーダー撮影中』の

ステッカーを車体の後に貼っておけば

十分にあおり運転の抑止になり得ますよ。

 

 

あおり運転に遭いやすく、

すぐにドラレコを用意できない場合には

念のためステッカーを

貼っておくのがいいでしょう。

 

 

ちなみに我が家の車も、

最近あおり運転の事故をよく耳にするので、

『ドライブレコーダー撮影中』の

ステッカーを貼っています。

 

 

ただ、ステッカーだけだと

本当に追突事故やあおり運転に遭った時に

証拠となるものがないので、出来れば

バックカメラを取り付けておくのが良いですね。

 

 

ちなみにドラレコって、

事故の映像を記録するためだけのものではなく、

運転している最中の景色の映像

残しておくこともできるんですよ。

 

 

ドライブが趣味なのでしたら、

ぜひドラレコを思い出の記録にも

使ってみるといいかも!

 

まとめ

 

ドラレコは前方にしか

ついていない場合も多いですが、

バックカメラもあると、あおり運転対策や、

追突事故の時に証拠として

提出することが出来ます。

 

 

バックカメラって、いざという時に

役立つものだったんですね。

 

 

もちろんバックカメラがついていなくても、

『ドライブレコーダー撮影中』の

ステッカーがあれば、あおり運転対策に

繋がる場合もあります。

 

 

でもよくあおり運転に遭っていたり、

追突事故が怖いのでしたら、

バックカメラはいらないものではなく、

むしろあった方が良いものなので

取り付けを検討しましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました