重曹とタンサンの違いって何なの?別物?それとも同じもの!?

豆知識

 

皆さんは、重曹とタンサンの違

ご存知でしょうか?

 

 

「重曹」と「タンサン」、

それぞれ名前が違うってことは、

別物では?と思いますよね。

 

 

そもそも、

「重曹」とは?「タンサン」とは?

と調べてみると、意外な事実が発覚しました!

 

 

今回は、重曹とタンサンの違いや

賞味期限についてご紹介します。

 

重曹とタンサンって別物?それとも同じもの?違いはあるの?

 

重曹とタンサンとの違いは

…ありません!

 

 

重曹もタンサンも、食品添加物として

販売されているものです。

 

 

ちなみに、

重曹とタンサン=「炭酸水素ナトリウム」

のことを指します。

 

 

なので、重曹とタンサンの違いはありません。

 

 

全国的には重曹として知られていますが、

関西地方ではタンサンと呼ばれているようです。

 

 

その地域による呼び方の違いなんですね。

 

 

確かに、名前が違うと別の物のような

気がしてしまいますよね!

 

 

私も、似ている商品だけど、

別物なのかな?と勝手に思っていました。笑

 

 

食品添加物としての重曹(タンサン)は、

ベーキングパウダーの代用品、煮物料理、

あく抜きなどに使われています。

 

 

特にあく抜きとして使っている方が

多いのではないでしょうか。

 

 

実際、山菜の収穫時期の5~7月にかけて

重曹(タンサン)がよく売れるそうです。

 

重曹とタンサンの賞味期限ってどれぐらい?期限切れの活用法は?

 

食品添加物の重曹(タンサン)の賞味期限は、

約3年ほどです。

 

 

ただし、以下の条件が必須となります。

 

・直射日光は避ける

・水に濡らさない

・高温多湿はNG

 

また、保存方法としては

風通しの良い場所、空気に触れない容器などが

必要となります。

 

 

この条件さえクリアすれば、

食用のものでも3年は使えますよ♪

 

 

期限が過ぎた場合は、食用としてではなく

掃除用として使うといいでしょう。

 

 

重曹(タンサン)は食用だけではなく

掃除用としても使えるので便利ですよね♪

 

 

ちなみに、重曹(タンサン)の

鮮度のチェック方法には、

「酢を垂らす」というものがあります。

 

 

酢を垂らして泡立つものは

鮮度がいい証拠となるので、

期限チェックにもなるでしょう。

 

 

賞味期限が分からなくなってしまった方は、

是非試してみてくださいね♪

 

まとめ

 

「重曹とタンサンは同じもの」

だということが分かりましたね。

 

 

全国区では重曹、関西地方ではタンサンと

呼び方が違うだけのようです。

 

 

賞味期限については、

保存状態が良ければ3年ほど持ちます。

 

 

賞味期限を忘れてしまった方は、

を使ってチェックしてみましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました