\ ポイント最大46倍! /

専業主婦になりたい!けど夫の年収はいくらからOK!?

専業主婦になりたい場合、
夫の年収っていくらからが
OKなんでしょうか?

やっぱり専業主婦になる場合だと、
夫の年収はある程度高くないと生活が
カツカツになってしまいそうですね…。

そこで今回は、専業主婦になりたい
あなたのために、夫の年収はいくらからなら
問題なく暮らしていけるのか
を解説!

ぜひ専業主婦になりたいのでしたら、
参考にしてみてくださいね。

目次

妻は専業主婦!家庭の年収はどれくらい?夫の職業は?

妻が専業主婦として生活していく場合、
夫の年収はおよそ総支給額で500万円程度は
必要になるでしょう。

ただしこれはあくまで、
夫と妻の二人だけで生活する場合

例えばお子さん一人がいる場合だと、
年収の総支給額だと約580万円
必要になってくるんですよね。

年収の総支給額が500万円を越える職業は、
医者弁護士公認会計士公務員
大手航空会社のパイロットなど。

どれも専門的知識や資格が必要だったり、
あるいはその職業に就くのが簡単ではない
仕事ばかりですね…。

でも、夫がこれらの職業に就いている場合は、
年収の総支給額が500万円以上になるケースも
多いので、専業主婦としてやっていくことが
出来ますよ!

ただ、医者や弁護士などの職業に就いていない
場合であっても、節約術をしっかり身に付けて、
家計簿もこまめに記入していくのであれば、
年収の総支給額が500万円を下回っていても
大丈夫な場合もあります。

我が家は筆者が在宅ワーカーで、そこまで
収入が高くないため、夫の扶養に入っており、
ほぼ専業主婦といったライフスタイルです。

でも夫は配送関連の職に就いているため、
そこまで年収は高くありませんよ。

それでも、安いスーパーで買い物をしたり、
無駄なものは買わないようにすることで、
そこまで大変な暮らしはしておりません。

専業主婦になりたいのでしたら、
夫の年収も大事だけれど、まず節約術を
しっかり身に付けていくのがおすすめ
ですね!

安心して専業主婦になれる夫の年収は手取り390万円!?

本当に安心して専業主婦になれる
夫の年収の手取りは、390万円前後ですね。

月々の手取り収入に換算すると、
およそ30万円という金額になりますよ。

もちろんこの年収や毎月の手取り収入に
関しても、夫婦二人だけなら問題なく、
安心して暮らせるという金額です。

お子さんを将来的に持つのでしたら、
専業主婦でいる場合は、より高い手取り
収入が必要になってくるもの。

ということで、
もし本当に専業主婦として暮らしたいなら、
まずは夫の手取り収入も改めて確認し、
そしてお子さんを持つか否か、ということを
しっかり夫婦で話し合うべきでしょう。

そうすれば、本当に専業主婦になっても
不自由がなく暮らしていけるのかを
判断できます。

夫の年収の手取りが390万円を下回って
いるのでしたら、妻であるあなたが
専業主婦をしていくにあたって、節約術を
身に付けてやりくりしていくと良いですね!

上手く節約生活をしていけば、少しずつでも
貯金は溜まるし、妻の収入がなくてもちゃんと
暮らしていけますよ!

まとめ

専業主婦として暮らしていきたい場合は、
夫の年収はおよそ500万円程度が必要で、
毎月の手取り収入は30万円程はあると安心。

そのためにも夫の職業は、医者や弁護士、
パイロットなどでいないといけません…。

でも、夫婦二人暮らしを続けていき、
きっちりと家計簿をつけて、節約術も
身に付けるのでしたら、月々の手取り
金額が30万未満でもOK!

専業主婦になるには、やっぱり妻であるあなた
自身もそれなりに努力する必要が出てくるので、
まずは夫婦でよく相談したり、節約生活をして
いきましょうね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次