脚付きマットレスはカビが生えやすい!?おすすめの選び方は?

脚付きマットレスの購入を
検討しているものの、実際の使い心地や
メンテナンスの方法など、気になることも
多いですよね。

脚付きマットレスは、普通のベッドを買うよりも
リーズナブルで、シンプルですし組み立ても
簡単なので、かなり魅力的に感じます。

ただ、デメリットももちろんあって、
脚付きマットレスは普通のベッドと違って
マットレスだけ取り替えることができません。

だから汚れやホコリ、カビも心配ですよね。

確かに、メンテナンスはしにくいように
感じます。

でも、脚付きマットレスは比較的カビの
発生はしにくい
ものです。

マットレスの下に脚がついていますから
空間ができますよね。

しかもフレームがないので、マットレスが
囲われている状態でもありません。

だから、脚付きマットレスは湿気が逃げて
分散しやすくなっていて、カビの発生が
しにくい構造になっているのです。

もちろん、まったくカビの心配が
ないわけではありませんけどね。

今回は、脚付きマットレスを快適に
使うポイント
を紹介していこうと思います。

脚付きマットレスの購入を検討している方は
ぜひ、参考にしてみて下さいね!

目次

脚付きマットレスには布団敷く方がいい?清潔・快適に眠りたい!

脚付きマットレスを快適に使うポイント
下記の4つです。

脚付きマットレスを快適に使うポイント
  • 敷布団は使わない
  • ボックスシーツと敷パッドを使う
  • 定期的に風を通す
  • ベッド下の収納はほどほどに

それぞれについて、詳しく解説していきますね!

敷布団は使わない

脚付きマットレスは、
敷布団を敷くための台ではありません。

脚付きマットレス単体で敷布団の役割
果たしてくれます。

脚付きマットレスの上に敷布団を敷くと、
マットレスと敷布団の間に湿気が溜まりやすく
なり、そこにカビが発生しやすくなるのです。

だから、脚付きマットレスは敷布団を
使わないのが正解です。

カバーや敷パッドを使う

脚付きマットレスにカビは生えにくいですが、
衛生的に使えるか心配ですよね。

マットレスを洗うことはできませんし、
干すのも少し大変ですから。

だからこそ、マットレスに汚れがいかないように
カバーと敷パッドの使用が必須になります。

敷パッドやカバーが寝汗や汚れをキャッチして
くれるので、マットレスまで汚れが付くことは
少ないので、おすすめです。

カバーや敷パッドなら洗濯も可能ですし、
こまめに洗えば、清潔に保つことができます。

こまめに風を通す

脚付きマットレスは湿気がたまりにくい
ですが、ゼロではありません。

だから、定期的に風を通して
湿気を分散させるようにしましょう。

マットレスを立てるのが1番よいですけど、
脚付きだと少し大変ですよね。

だから、定期的に窓を開けて
風を通してみて下さい。

サーキュレーター扇風機
脚付きマットレスにあてても◎です。

また、冬など加湿のし過ぎにも
注意
をして下さいね。

ベッド下収納はほどほどに

脚付きマットレスを使うと、マットレスの下に
空間がありますから、そこを収納スペースに…と
思いますよね。

しかし、ギチギチに収納ケースを
置くのはNG
です。

脚付きマットレスの空間部分は湿気を
逃がすために重要な部分なので、ある程度は
空間を残しておく必要があります。

ですから、脚付きマットレスの下を
収納スペースとして利用するのはよいのですが、
詰め込みすぎず内容に気をつけて下さいね。

脚付きマットレスのカバーは皆どうしてる!?セット買いがおすすめ?

上記でもお話しましたが、
汚れやカビ防止のためにも脚付きマットレスを
使うときはカバーと敷パッドは必須です。

どんなカバーがよいのか、紹介しますね。

ボックスシーツがおすすめ

カバーはボックスシーツが使いやすいですね。

脚付きマットレスはフレームなどがないので、
普通のシーツだとマットレスの下に織り込む
ことができません。

だから、脚付きマットレスには口にゴムが付いた
ボックスタイプのシーツを使いましょう。

ボックスシーツを被せた上に
敷パッドを敷きます。

敷パッドは四隅にゴムがついていて、
マットレスに引っ掛けるタイプ
のものが
ズレないのでおすすめです。

季節に合わせた素材の敷パッドを使うと
快適に過ごせますよ!

カバーがセットになった脚付きマットレスがおすすめ!

脚付きマットレスを検索していると、
カバーや敷パッドがセットになった商品
結構ありますよね。

個人的な意見なのですが、
セット購入はかなりおすすめです。

私も脚付きマットレスを使っていて、
ボックスシーツと敷パッドがセットになった
商品を選んだのですが、よかったです。

商品に合ったボックスシーツと敷パッドが
付いてくるので、別々に買ったらサイズが
合わなかった!なんてことがありませんし、
届いてすぐに使うことができます。

洗い替え用に2枚シーツが付いている商品
あるので、洗う頻度が高い方や小さいお子さんと
使う方は便利ですよ。

敷パッドとシーツが一体になった物
あるので、お好みに合わせて選んで下さい。

まとめ

脚付きマットレスは、普通のベッドよりも
安価で普通のマットレスを床に敷くよりも
湿気も溜まりにくくカビも生えにくいので
おすすめです。

脚付きマットレスは敷布団を使いませんから、
汚れ防止にも敷パッドやカバーを使いましょう。

カバーや敷パッドがセットで付いてくる
脚付きマットレスを選ぶと便利ですよ!

デザインや素材など部屋の雰囲気に合わせて、
好みのものを選ぶのもよいですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる