勝手に敷地に入る近所の子供!迷惑な不法侵入の対策はどうする?

人間関係

 

近所の子供が無断で敷地内に入ってくる

騒々しいし邪魔だし、本当に困りますよね。

 

 

いくら無邪気な子供であっても、

顔見知りの近所の子であっても、

他人の家や、敷地内に入ってくるのは

許せる行為ではありません。

 

 

そこで今回は、近所の子が勝手に来て

困っている人のために、どうすれば

敷地内に入るのをやめるようになるのか、

対処法を紹介します。

 

近所の子供が敷地に入るのをなんとかしたい!どうやって注意すればいい?

 

家の敷地が広かったり、

裏の通りへの抜け道になっていたりすると、

子供が無断で入ってきて、

そこで遊んだり騒いだりすることがあるでしょう。

 

 

特にフェンスなどを設けていないと

誰でも簡単に侵入できてしまうので、

好奇心旺盛な子供たちはためらいもなく、

やって来ることがあるんですよね。

 

 

でも、小さいお子さんがいたり、

持病があって自宅療養しているような家庭だと、

毎日子供がやって来てうるさくされては

困ってしまいます!

 

 

そもそも、いくら柵などで

囲われてないからといって、

勝手に他人の家の敷地内に入っていい

ということにはなりません。

 

 

そこで、近所の子が

敷地に入っているのを見つけ次第、

『ここはうちの敷地だから、

入って来ちゃダメだよ』と、

最初は優しく、かつキッパリと注意しましょう。

 

 

それでもまた入ってくるようなら、

『人の家の敷地に勝手に入ると

おまわりさんに捕まるよ』

レベルアップした注意をすると良いですね。

 

 

ただ、もし入ってくる子供たちが

小学校低学年くらいではなく、

もう少し大きい子たちでしたら、

ハッキリと『勝手に敷地に入らないでください、

不法侵入になりますよ』

もうちょっと強めに言うと良いでしょう。

 

 

ただし、最近は子供がいけないことを

しているのに注意すると、

親が逆切れして怒鳴り込んでくることも

ありますよね。

 

 

でも、このまま不法侵入を放置しておくと、

家でゆっくり過ごせなかったり、

寝ている赤ちゃんや病気の家族が

起きてしまいます。

 

 

それに、万が一敷地内で勝手に

遊んでいた子供が怪我をすれば、

その敷地の住人の責任を問わることにも

なりかねません!

 

 

なんだかものすごく理不尽なことなんですが、

このご時世、あり得ない話じゃないので、

安全と安心のためにもしっかり注意しましょう。

 

 

また、不在時に子供たちが

不法侵入するのを防ぐには、

『入らないでください』

という張り紙や立て看板などを作って

置いておくと良いでしょう。

 

 

もちろんそれを無視して

入ってくる可能性もあるので、

出来ればフェンスを設置しておくのが

良いですね。

 

近所の子供があんまりうるさいなら通報も検討?正しい対処法は?

 

敷地内に無断侵入した子供たちが

あまりにもうるさかったり、

自分で注意するのが怖い場合には、

警察に通報してしまってもOKです。

 

 

そもそも、不法侵入は子供であっても

してはいけないこと。

 

 

子供のしたことだからといって

大人が我慢する必要もありませんし、

悪いことをしたら正しい方法へ導くのが

大人の役目です。

 

 

でも警察に通報すると

大ごとになってしまいそうだと思ったら、

その子たちが通う学校名がわかれば

学校へ連絡して注意してもらうのがベター。

 

 

おすすめとしては、

口頭か立て札や貼り紙などで注意して、

それがダメなら、学校へ連絡したり

警察に通報すると良いですよ。

 

まとめ

 

家の敷地内に

近所の子供が無断侵入してきたら、

最初は優しく、でもキッパリと

ダメだということを伝えましょう。

 

 

その方法として、立て札や貼り紙をしたり、

フェンスを設置するのも有効です。

 

 

それでも侵入してくるのでしたら、

警察に通報かその子たちが通う学校へ

苦情を入れるのが良いですね。

 

タイトルとURLをコピーしました