\ ポイント最大46倍! /

シーツは乾燥機ダメなの!?乾かしたい時はどうすれば?

布団のシーツは肌に触れますから、
清潔を保ちたいですよね。

そのためにもこまめに洗濯をするのが
ベストです。

洗うのは自宅の洗濯機でもできますが、
問題は乾かし方ではないでしょうか。

シーツは大きいので、場所をとりますしね。

だったら乾燥機でバーッと乾かしてしまえば
干すよりも短時間で済みますし、天気が悪くても
シーツの洗濯が可能です。

…でも、シーツって乾燥機にかけると
縮んでしまう
って、皆さんご存じでしたか?

私も知らなくてシーツをコインランドリーの
乾燥機にかけてしまって、残念な状態になった
ことがあります。

実は、シーツには綿が使われていることが
多いのですが、乾燥機の熱で温まった生地が
冷えていく際に繊維同士の感覚が狭くなることが
原因なのです。

シーツに乾燥機が使えないと不便ですよね。

そこで今回は、シーツを乾燥機にかける際の
注意点や縮まないようにするコツ
について
まとめてみようと思います。

シーツの乾かし方にお悩みの方は、
ぜひ試してみて下さい。

目次

シーツに乾燥機を使いたい!自宅でやる時のコツや注意点は?

シーツの洗濯をした後の乾燥は
干すのが1番安全です。

しかし、乾燥機を使うことができれば
短時間で済みますし、楽ちんですよね。

自宅でシーツの洗濯・乾燥をさせるときの
コツと注意点
からみていきましょう。

シーツの洗濯やりかたとポイント

準備

  1. まずは、シーツを洗濯する前に絵表示を確認
  2. シーツが入る大判の洗濯ネット使う

洗い方

  1. 折りたたんだシーツを洗濯ネットに入れる
  2. 洗濯機にシーツを入れて回す

ポイント

シーツを洗濯ネットに入れてから洗うと
シワの防止になります。

シーツは、脱水をする際にも縮むことが
あります。

普段の洗濯物よりも脱水にかける時間は
短めにして下さい。

脱水の力が強ければ水分がしっかり飛ぶので
普通に乾かす際、乾く時間も短くなりますが、
シーツの場合は短め&軽くがポイントに
なります。

シーツの洗濯をする場合は他の洗濯物と
混ぜるのではなく、シーツ単体で洗濯を
するのがベスト
です。

乾燥機を使う際の注意点

乾燥機でシーツが縮むのは、乾燥機で
温まったシーツを放置したまま冷えていく
過程
で起こります。

自宅・コインランドリーどちらの乾燥機でも
終わったら放置せずになるべく早く取り出して
下さい。

乾燥機から早めに取り出して生地から熱を
抜く作業を行うことで、シーツの縮みを
抑えることができます。

また、シーツの素材によっても
縮みやすさが違います。

綿素材のシーツは縮みやすいため、
乾燥機を使うよりも天日干しが妥当でしょう。

シーツを乾燥機で乾かす時は時間に気を付けろ!?失敗しないコツ!

上記でも少し紹介しましたが、
シーツを乾かすときに乾燥機を使用する際は
失敗しないためのポイントがあるのです。

もう少し詳しくお話しますね。

乾燥機の後は早めに取り出すこと!

シーツを乾かす際に乾燥機を使うと
縮んでしまう原因は、乾燥機そのものではなく
温まったシーツをそのまま放置しておくこと
です。

シーツは温まった後、冷めていくときに
その時間に比例する形で縮んでしまうので、
冷めるまでの時間が長いと縮みも大きく
なります。

例えば自宅なら夜のうちに乾燥機にかけて
朝に取り出す…とかしている場合や、
コインランドリーで放置をしてしまう
などはNGです。

乾燥機で乾かした場合は、終わったら
乾燥機の中に放置したままにしないで、
早めに取り出して下さい。

取り出したら、シーツを広げてバサバサと
揺らして熱を逃がしてやりましょう。

こうすることで、冷めるまでの時間が
短縮されるため縮みを最低限に抑える
ことができます。

乾燥機の時間は短めで!

シーツの縮みの原因は、乾燥後に放置して
冷める時間と比例して縮んでいくからです。

乾燥後の放置問題ともう1つ、
乾燥機にかける時間も注意をしましょう。

シーツは大きいので、時間が短いと
乾きにくいように感じますよね。

でも、実はシーツは衣類よりも
乾きやすい
のです。

乾燥機に長くかけると生地の収縮も
強く引き起こしてしまいます。

シーツは衣類を乾燥させるときよりも
短い時間で行うのがポイントです。

自宅で乾燥機を使う場合は、半乾きくらいで
取り出して、後は天日干しや部屋干しで
自然乾燥をさせるとかなり縮み防止になります。

事前に乾燥機を使っているので、その後に
自然乾燥をしても普通に干すよりも短い時間で
乾かすことが可能です。

まとめ

睡眠時間を快適に過ごすためにもシーツは
できるだけ清潔に保っておきたいですよね。

ただ、衣類と違って大きいため洗濯も
乾燥も少し大変ですよね。

乾燥機を使うことができれば、乾くまでの
時間が短縮できますから楽ちんです。

しかし、衣類と同じ感覚で乾燥機にかけて
しまうとシーツは縮んでしまいます。

その原因は冷めていくときに生地が
収縮してしまうから
です。

シーツの洗濯と乾燥機を使う際の注意点と
ポイントは以下の3つになります。

注意点とポイント
  • 衣類と別に洗う
  • 脱水は軽め&時間を短く
  • 乾燥機の時間は短めで乾燥後は放置しない

縮みやすい素材のシーツもありますが、
上記のようなやり方をすることで乾燥機を
使った際の縮み方を最小限にできます。

シーツを洗濯・乾燥するときは、
今回紹介した内容に注意してやってみて下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次