恵方巻きのいわれは江戸時代から!?食べる方角は気にすべき?

恵方巻きのいわれって具体的にいつから
あって、どんな由来があるもの?

子供に恵方巻きの由来を聞かれた場合は、
どうやって説明すると良いのでしょうか?

イマイチ恵方巻きのいわれや由来などって、
よく分かりませんよね…。

そこで今回は、恵方巻きのいわれや由来
分かりやすく解説すると同時に、恵方巻きは
いつ食べるべきなのか、どうして無言で食べる
べきなのか
、なども詳しく解説していきます!

目次

恵方巻きの由来を子どもに分かりやすく教える方法とは?

恵方巻きのいわれは、江戸時代に大阪の
花街(かがい)にて、商売繁盛を祈るために
始まったとされています。

そもそも恵方巻きの由来というのは、
大阪の商人が始めたことなんですよ。

花街にて商人が商売繁盛を願って、幸運の
巻き寿司として食べるのが始まりなんです。

ということで、恵方巻きの由来を子供に
分かりやすく教えるには、『江戸時代に大阪の
商売をする人が、商売が上手くいきますように、
って、願いを込めて食べたのが始まりなんだよ』

と言いましょう!

そうすれば子供に、恵方巻きの由来をとっても
分かりやすく、そしてきちんと教えることが
出来ますね。

また、子供からなぜ恵方巻きを食べるのか、
そのいわれや理由を尋ねられたら、『恵方巻き
には福を巻き込むという意味があるからだよ』

と、教えてあげると、とっても分かりやすい
ですよ。

確かによく考えてみると、ここ数年で
恵方巻きって、毎年節分の時期に食べる習慣が
ついたものですが、そのいわれや由来って、
分からないものですね。

でも、今回紹介したいわれや由来を覚えて
おけば、子供に恵方巻きについて聞かれた時に、
分かりやすく説明することが出来ますよ!

ぜひ恵方巻きのいわれをしっかりと、
忘れないようにしていきましょうね。

恵方巻きはいつ食べる?時間や方角そして無言の理由とは?

恵方巻きは夜の時間帯に食べる、という習慣が
多いですが、実はいつ食べるか、というのは
明確には決まっておりません。

そのため、恵方巻きは食べたい時に食べて
OK
なんですよ。

でも、だいたいどの家庭でも、豆まきをした後に
食べる、という習慣が多いので、夜に食べる
ケースが一般的なんですね。

それでも基本としてはいつ食べるかというのは
決まってないので、お好きなタイミングで
食べましょう!

そして食べる方角は毎年変わります。

恵方巻きを食べる方角というものは、
歳徳神(としとくじん)という神様がいる
方向
なのですが、この方角は毎年変わるため、
恵方巻きを買ったら、こちらでその年の
恵方を調べておくと良いでしょう。

また、コマーシャルや恵方巻きのチラシなど
でも、その年の恵方を伝えているので、それで
恵方を知ることが出来ますよ!

また、恵方巻きを無言で食べる意味は、
食べている途中で何かを話してしまうと
運が逃げるから
、という言い伝えによるもの
なんです。

もしくは、願い事を思い浮かべながら恵方巻きを
食べる必要があるため、食べ終わるまでは無言で
ないといけない
、ともいわれているんですね。

恵方巻きを食べる際の風習って、結構ちゃんと
意味があって、そしてなかなか奥深いんですね!

まとめ

恵方巻きのいわれは大阪の花街で商人が
商売繁盛を願って、福を巻き込むという
意味を持つ恵方巻きを食べたのが始まり。

子供に教える際は、『江戸時代に大阪で商売
をする人が、商売が上手くいくようにって願って
食べたんだよ』
などと、分かりやすく教えると
良いでしょう。

そして恵方巻きを食べる際に向く方角は
毎年変わる
ので、こちらでチェックしましょう。

また、恵方巻きはいつ食べてもOKですが、
食べている時はしゃべると運が逃げるとされて
いるため、くれぐれも無言で食べ切るように
しましょうね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次