\ ポイント最大46倍! /

タオルの梱包に最適な方法は!?気にするべきはタオルの種類とシワ!!

タオル梱包する方法って
どんなやり方が最適なんでしょうか?

緩衝材は必要なのか、圧縮した方が良いのか、
イマイチ方法が分からないですね。

やっぱり送った相手には気持ちよく使って
ほしいからこそ、梱包はしっかりしたいもの。

そこで今回は、タオルの梱包のベストな方法
紹介していきます!

目次

タオル梱包の上手なやり方は!?圧縮時のひと工夫がポイント!?

タオル梱包をする際は、基本的なやり方と
しては、キレイにタオルを折りたたんだら、
清潔なビニール袋に包み、そしてタオルが
すっぽり入る大きさの封筒に入れてテープで
留める
こと。

封筒ではなく、包装紙やクラフト紙で包むという
方法もあります。

タオルにシワが寄ったり、素材が傷んでしまう
可能性があるため、圧縮袋などを使った圧縮は
しない方が良いでしょう。

ただし、雨などで水濡れをしないためにも、
タオルはしっかりとビニール袋に包んでから、
封筒などに入れましょうね。

ビニール袋は出来れば透明なものの方が
良いですね。

ただ、天気が悪い日が続いているようなら、
ビニール袋は2重にして包んでおく
、という
やり方が安心。

するとタオルはより濡れにくくなりますよ。

ビニール袋で包んだら、マスキングテープ
しっかりと封をしておきましょう。

そうすれば受け取った相手も開けやすくなる
ので、何かと安心ですね。

以前メルカリとかショッピングサイトを
利用した際、届いた商品はきっちり
梱包されていて気持ちが良かったです。

ちなみに、せめてもの心遣いで、送る相手に
対して、お礼の言葉を書いたメッセージカード
タオルに添えておくと良いですよ!

タオルの梱包にプチプチは必要!?緩衝材が大切に扱っている証拠に!?

タオルは割れ物などではないので、梱包の際には
プチプチなど、緩衝材は入れなくてもOK!

ただし、やっぱり水濡れが心配な時は、
ビニール袋でまずタオルを包んだら、
プチプチで更に包みましょう。

すると緩衝材が水濡れ予防にもなるんですよ!

ビニール袋を2重にしても良いですが、
ビニール袋プラスプチプチを使う、という
方法でも良いでしょう。

でも、必ずプチプチを使ってタオルを梱包しない
とダメ、というわけではないので、必要かなと
思った時だけ、緩衝材を使うと良いですよ。

緩衝材は基本的には、割れ物や壊れやすい
アクセサリーなどを送る、という場合に使う
ものなので、タオルを送るのでしたら、
もちろん緩衝材はなくても大丈夫です。

ただし、しっかりと水濡れだけはしないように、
包んで梱包して送ることは忘れずに。

まとめ

タオルの梱包方法は、キレイにたたんで
ビニール袋に入れ、しっかりと封をしてから、
大きめの封筒や包装紙などで包み送ること。

やっぱり水濡れだけはしっかりと避けるべき
なんですね。

緩衝材も特に必要ないので、濡れないように
注意しつつ、梱包をしてタオルを送って
いきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次