冷凍庫に霜がつくのはなぜ?その原因と簡単にできる取り方とは?

豆知識

 

冷凍庫に霜がつくと

冷蔵庫の機能も落ちてしまうから、

早めにどうにかしていきたいですね。

 

 

でも、霜取りってすごく面倒だし、

なかなか上手くいかないんです。

 

 

そもそも冷凍庫の霜はなぜ

出来てしまうんでしょうか?

 

 

今回は意外と知られていない

冷凍庫の霜がつく理由や、

簡単な霜取りの方法を解説します。

 

 

冷凍庫の霜取りを簡単に!時間を掛けずに取る3つのコツ!

 

冷凍庫に霜が出来てしまうのは、

ドアの開閉回数が多かったり、

ドアを開けておく時間が長いのが主な理由。

 

 

基本的に冷凍庫内に出来る霜は、

空気中の水分が凍結したものなんですよね。

 

 

でも、冷凍庫のドアを頻繁に開け閉めしたり、

数秒間でも開けたままの状態にしておくと、

外気との温度差によって結露が出来てしまいます。

 

 

それが凍ることでになってしまうんですよ。

 

 

 

この霜は硬いし知らぬ間に

どんどん蓄積されているので、

掃除して除去するのがとっても厄介。

 

 

でもこのままにしておくと、

冷凍庫の冷却機能が低下するので、

中に保管した食べ物が凍るのが遅くなったり、

アイスなどは溶けて柔らかくなるかもしれません。

 

 

そこで、冷凍庫にできた霜は、

以下の3つのポイントを押さえて、

しっかりと掃除をしていきましょう。

 

 

・冷凍庫を空にしてドライヤーを当てる!

 

 

まず冷凍庫に入っているものは

すべて移動させて空にしてください。

 

 

出来れば、冷蔵庫自体の電源も

切っておくと安心ですね。

 

 

ただし電源を切ると冷蔵庫の周囲に

水が出てくることもあるので、

タオルなどで冷蔵庫の足元を

囲んでおいてくださいね。

 

 

面倒な時は電源を切らずに

霜取りしても構いませんが、

万が一の故障は自己責任で。

 

 

そしたら次に霜にドライヤーの温風

当てていきましょう。

 

 

全体に温風を当てるのではなく、

1ヶ所ごとに集中して温風を当てると、

頑固な霜が溶けてくるので、

ヘラなどで剥がしましょう。

 

 

全部の霜が剥がせたら、

タオルでしっかり水気を拭き取って、

そのあとさらに乾拭きすればOKですよ。

 

 

・お湯をかける

 

 

ドライヤーを冷凍庫に使うことに

抵抗があるのでしたら、

霜にお湯をかけるという方法もおすすめ。

 

 

ただし熱湯だと火傷の危険もあるので、

40℃くらいのお湯で大丈夫ですよ。

 

 

コップに入れて少しずつ霜に

お湯をかけていきましょう。

 

 

お湯や溶けた霜が周囲にこぼれないように、

厚手のタオルでしっかり吸収させてくださいね。

 

 

あとはよく水分を拭き取ればOKです。

 

 

・ホットタオルを当てる

 

 

 

冷凍庫内に直接お湯を注ぐのは

ちょっと心配、という場合は、

40℃くらいのお湯に浸して絞ったタオル

霜にかぶせましょう。

 

 

 

タオルを水で濡らして固く絞り、

ラップを巻いてレンジで1分前後チンすれば、

ホットタオルになるので、それを霜にかぶせてもOK!

 

 

すると霜も溶けるし、タオルでそのまま

水分も吸収できるので安心ですよ!

 

 

これでもう大丈夫!冷凍庫に霜がつかない方法!

 

霜取りが完了したら、

霜が出来るだけ発生しないように、

こまめに冷凍庫内は乾拭きするようにしましょう。

 

 

特に開け閉めを頻繁にした後など。

 

 

もしくは、霜取りと乾拭きが終わったら、

冷凍庫内にサラダ油やオリーブオイルを

塗っておくと効果的。

 

 

油を塗ることで、

万が一霜がまた出来てしまっても、

すぐに剥がしやすくなります。

 

 

油はキッチンペーパーなどに出して塗るよりも、

スプレータイプのものを使って塗ると

手っ取り早いですよ。

 

 

また、冷凍庫は詰め込み過ぎないようにして、

作り立ての料理を入れる場合は、

しっかり熱を冷ましてからにすると良いですね。

 

 

ドアの開け閉め回数も極力減らし、

開けたらドアは素早く閉めるようにすれば、

頑固な霜が発生する心配もないでしょう。

 

 

まとめ

 

 

冷凍庫の霜はドライヤー

お湯ホットタオルを使うと、

電源を切らなくても簡単かつ

素早く除去できます。

 

 

また、冷凍庫内はこまめに乾拭きしたり、

霜取りの後にオイルを塗っておくことで、

霜が発生するのを予防できますよ!

 

タイトルとURLをコピーしました