強風で窓がガタガタ鳴ってて気になる!自分でなんとかできる!?

豆知識

 

強風で窓がガタガタと鳴る場合って、

一体どうすればいいんでしょうか?

 

 

ガタガタと音が鳴るとうるさいし、

窓ガラスが割れないか心配になりますよね…。

 

 

何かベストな対処法はあるのか

知っておきたいところ。

 

 

そこで今回は、

強風で窓がガタガタと鳴る場合は、

一体どうしたらいいのか、音を止ませる対処法

伝授します!

 

 

強風がすごくて窓がうるさい!開けると鳴り止む?

 

強風で窓がガタガタと鳴ってすごくうるさい時は、

窓を開けると鳴り止むことがあります。

 

 

でも台風の時など強風が吹き荒れている場合は、

絶対に窓を開けるのはダメですよ!

 

 

というのも、

強風の時に窓がガタガタとうるさいからといって、

窓を開けてしまうと、強風が室内に

入り込んでしまうからです!

 

 

そうなると家具が倒れたり物が飛ばされたりして、

非常に危険なんですよ。

 

 

そのため、たとえ音が鳴り止むとしても、

強風の時に窓を開けるのはNGです。

 

 

必ず窓はしっかり閉めておくようにしましょう。

 

 

出来れば鍵もかけておくようにすると良いですね。

 

 

基本的に、強風で窓が割れるということはありません。

 

 

窓が割れてしまうのは、強風によって、

外から何かが飛んできた場合なので、

強風だけで窓ガラスが割れる心配はないため、

安心してくださいね!

 

 

台風など強風の場合は、窓をしっかり閉めて鍵をかけ、

カーテンも閉じておくようにしましょう。

 

 

そうすれば万が一物が飛んできて、

窓ガラスが割れてしまっても、

ガラスの破片が部屋に散乱するのを防げますよ!

 

 

強風で窓が鳴るのをなんとかしたい!自分で出来る対処法!

 

強風で窓がガタガタ鳴るのを対処したい時は、

窓とサッシの間に何か詰め物をすると

良いでしょう。

 

 

おすすめはを折りたたんで、

内側のサッシと窓との間に詰めて、

隙間をなくしてしまうことですね。

 

 

そうすれば窓はガタガタと

音が鳴らなくなるのでとっても安心!

 

 

隙間に入るのでしたら、

ダンボールを詰めてもOKですよ。

 

 

また、紙の他に綿棒をサッシと窓の間に差し込んで、

隙間をなくしてしまうのもおすすめなんですよ!

 

 

綿棒を入れた場合でも同じように、

窓とサッシとの隙間を塞ぐことが出来るので、

強風が吹いたとしても、窓がガタガタと鳴らなくなります。

 

 

ちょっと文章だけだと、

どこに詰めればいいのか分からないと思うので、

下記のサイトを参考にしてみてください。

 

 

台風直撃で窓がガタガタと音がしてうるさい場合に無料で30秒で対処する方法
普段は窓がガタつくことはないが、台風直撃で強風の日はガタガタと音がしてうるさい。台風だからと諦めるのは早い。自宅にあるものだけで簡単に対処できる場合があるよ。至ってシンプルだが効果抜群だ。

 

 

案外、簡単な方法で

窓がガタガタいうのを対処できるんですね!

 

 

ということでぜひ、強風で窓が鳴る時は、

紙類や綿棒などを詰めてしまって、

ガタガタ鳴るのを対処していきましょう。

 

 

そうすればとっても安心ですよ!

 

 

やっぱり、窓が強風でガタガタ鳴ると不安になるし、

すごくうるさいですからね…。

 

 

そうならないためにもぜひ、

窓とサッシの間に詰め物をして、

ガタガタ鳴るのを防いでいきましょう!

 

 

まとめ

 

 

強風で窓がガタガタ鳴る場合でも、

窓を開けるのは絶対にNGですよ。

 

 

強風が室内に入り込んでとても危険なので

注意しましょう。

 

 

窓が強風でガタガタ鳴る場合は、

サッシと窓との間に紙やダンボール、

綿棒などを詰めてしまうと良いですよ!

 

 

そうすれば音が鳴るのを防げるので、

ぜひ試してみてくださいね!

 

タイトルとURLをコピーしました