トイレットペーパーの再生紙を利用したものは汚い?使い心地はどう?

豆知識

 

再生紙から作られたトイレットペーパーって、

汚いんでしょうか?

 

 

そしてやっぱり硬くて詰まりやすいもの?

 

 

出来ればトイレットペーパーは、柔らかくて

詰まりにくいものを使いたいですよね。

 

 

でも、再生紙で作られたトイレットペーパーって、

安かったりして、お得に買える場合も。

 

 

でもやっぱり再生紙のトイレットペーパーは

買わないべき?

 

 

そこで今回は、

再生紙を利用したトイレットペーパーは汚いのか

また、硬くて詰まりやすいというのは本当なのか

解説していきます!

 

 

トイレットペーパーで再生紙から作ったものは硬いって本当?

 

結論からいうと、

再生紙から作られたトイレットペーパーは、

確かに硬いんですよね…。

 

 

そのため、敏感肌の人が

何度もトイレットペーパーで拭くと、

肌を傷つけてしまう可能性があります。

 

 

トイレットペーパーに柔らかさを求めるのでしたら、

なるべく再生紙で作られていないものを選ぶのが

おすすめなんですよ!

 

 

筆者も以前、再生紙で作られた

トイレットペーパーを使ってましたが、

やはりちょっと硬い感触があったので、

最近は選んでません。

 

 

ということで、肌が敏感な人や、

柔らかいトイレットペーパーを使いたいなら、

再生紙ではなく、普通のトイレットペーパーを

買った方が良いですね。

 

 

ただし、再生紙のトイレットペーパーは汚い、という

イメージがありますが、それに関しては間違いですよ!

 

 

再生紙から作られたトイレットペーパーは、

製造される過程で、複数の検査をクリアしており、

しかもきちんと殺菌などをおこなっているので、

衛生面に関しては問題なしと言えるでしょう。

 

 

確かに再生紙を利用しているなら、

汚いんじゃないか、という印象を受けますが、

実際は全く汚くないので安心してくださいね!

 

 

トイレットペーパーの再生紙の物は詰まりやすい?実際どうなの?

 

再生紙のトイレットペーパーは詰まりやすい、

というのも、実は間違いなんですよ!

 

 

トイレットペーパーが詰まってしまうのは、

トイレットペーパーの硬さなどではなく量の問題

 

 

つまり、再生紙のトイレットペーパーであっても、

柔らかい普通のトイレットペーパーであっても、

たくさん紙を使えば、トイレは詰まってしまうわけです!

 

 

再生紙を利用したトイレットペーパーの方が、

詰まりやすいのかなと思いがちですが、

実際は違うんです。

 

 

使用する紙の量が多いとトイレを詰まらせてしまうので、

なるべく紙はたくさん使わないようにしましょう。

 

 

実は筆者も紙の使い過ぎで、

トイレを詰まらせたことがあるので、

それからはなるべく、こまめに水を流すなどして、

1度に紙を使いすぎないようにしています。

 

 

トイレを詰まらせてしまうと、業者を呼んで

詰まりを取り除いてもらわないといけなくなるので、

すごく大変ですからね…。

 

 

それこそ、マンションで水漏れしてしまったら

大変ですからね!

下の階にも被害が及んでしまいます。

 

 

万が一ですが、水漏れしてしまって

下の階に被害が出てしまった際の対応については、

この記事にまとめてます。

ご参考になれば幸いです。

↓   ↓

水漏れしてしまったら下の階への対応は?費用はだれが負担するの!?
マンションやアパートなど集合住宅で 水漏れを起こしてしまった場合、 自分の部屋や下の階の修繕費用は 誰が負担するのでしょうか? そもそも水漏れした場合、下の階の部屋には、 どれくらいの被...

 

 

ということで、トイレットペーパーの

使い過ぎには注意しましょう!

 

 

まとめ

 

 

再生紙で作られたトイレットペーパーは、

しっかりと殺菌が行われているし、

複数の検査もクリアしているので、

汚いものではなく衛生面に問題はありませんよ。

 

 

ただし、確かに

再生紙のトイレットペーパーはちょっと硬いので、

敏感肌の人はあまり使わないことをおすすめします。

 

 

そして、再生紙のトイレットペーパーが

詰まりやすいというのはウソ。

 

 

トイレに紙が詰まるかどうかは、

紙の硬さではなく、量で左右されるので、

1度に大量のトイレットペーパーを使わないよう、

注意してくださいね!

 

タイトルとURLをコピーしました