台風はナゼできる?その仕組みを徹底解説!

豆知識

 

台風ってなぜできるのでしょうか?

 

 

イマイチ、台風ができる仕組みが

分かりませんよね…。

 

 

今までただなんとなく天気予報を見ていて、

台風のことを知った気になっていましたが、

実際よーく考えると分からないもの。

 

 

そこで今回は、台風ができる仕組み

台風はなぜ、日本にやって来るのか

詳しく説明します!

 

 

台風はできる場所で呼ばれ方が違うって知ってた?

 

日本では暴風を伴う大雨のことを台風と

呼んでいますが、実は台風はできる場所、

つまり発生した場所で呼ばれ方が違うんですよ。

 

 

そもそも台風というのは、

東経180度より西にある、北西太平洋と

南シナ海で発生する暴風雨のこと。

 

 

この他に、北大西洋とカリブ海、

そしてメキシコ湾と西経180度よりの、

東北大西洋東部で発生する台風をハリケーンと呼び、

北太平洋西部で発生するのがタイフーンであり、

ベンガル湾や北インド洋で発生した台風は

サイクロンと呼ばれるのが一般的。

 

 

こうしてみると、確かに台風はできる

場所によって、呼ばれ方が全く違ったんですね!

 

 

確かにニュースや天気予報を見ると、

台風の他に、サイクロンやハリケーン、

といった言葉を耳にすることもありますね。

 

 

でも日本にやって来るのは、

台風と呼ばれる暴風雨のことなので、

ぜひ覚えておくと良いでしょう。

 

 

ただ、場所だけを説明してもイマイチ、

台風ができる場所と名前の違いがピンとこない

場合もあるでしょう。

 

 

ということで、もし台風の名称と

できる場所が分からなくなったら、

下記のサイトを参考にしてみると良いですよ。

 

台風、ハリケーン、タイフーン、サイクロンの違いとは? |お天気.com
それぞれ最大風速の基準に違いはありますが、熱帯低気圧が存在する地域によって、その呼ばれ方が違います。台風は東経180度より西の北西太平洋および南シナ海で日本の分類です。ハリケーンは北大西洋、カリブ...

 

 

ところで、台風はなぜできるのかというと、

その仕組みは『熱帯低気圧』というものが

どんどん強くなるからです。

 

 

この『熱帯低気圧』というものは、

もともと熱帯の海、つまり温暖な場所の海で

作られるのですが、太陽の日差しを受けて、

海からの水蒸気をどんどん含んでいくんですよ。

 

 

それが上昇気流によって上空へ行くことで、

今度は『熱帯低気圧』が冷やされていき、

上空に雨雲を作り出します。

 

 

すると『熱帯低気圧』は

積乱雲という強い雨を降らせる雲に変わり、

加えて地球が自転、つまり回っていることから、

積乱雲は左回りの渦を巻きながら、強い風と雨を

もたらす台風になっていくのです。

 

 

要するに、『熱帯低気圧』というものが発生し、

また太陽の強い日差しを受けることによって、

台風ができるという仕組みなんですね。

 

 

だからこそ台風は基本的に、暖かい時期にしか、

発生することがないのですよ!

 

 

台風はなぜ日本に来る?カギは「太平洋高気圧」!?

 

台風の名前やできる仕組みはわかったけれど、

なぜ日本に来るのかが分かりませんよね。

 

 

実はなぜ台風は日本に来るかというと、

『太平洋高気圧』が関係しているからなんですよ。

 

 

この『太平洋高気圧』というものは、

夏や秋頃になると、日本列島の太平洋側の

海上で発生する気圧。

 

 

台風は基本的に、貿易風(ぼうえきふう)という

風によって、東から西に向かって移動するのですが、

日本列島の近くにこの『太平洋高気圧』が

発生していると、台風はどんどん日本列島に

向かって来てしまうのです…。

 

 

つまりこの『太平洋高気圧』がなければ、

日本列島に台風は横断することは

基本的にはないのですね。

 

 

でも『太平洋高気圧』はぐるぐると

台風を引き寄せてしまうため、

台風が日本にやって来るんですよ。

 

 

台風って、単体だけでは

あまり日本に影響はなかったんですね。

 

 

台風だけではなく、『太平洋高気圧』の発生も、

台風が日本に与える影響だということを

覚えておきましょう。

 

 

まとめ

 

 

台風ができる仕組みは、熱帯低気圧

強い太陽光によって、積乱雲となり、

地球の自転に合わせてぐるぐると回って、

台風に変化していくのです。

 

 

そして台風は発生する場所によっては、

ハリケーンやサイクロン、タイフーンなどと

呼ばれ方が違います。

 

 

また、台風は日本の太平洋の海に発生する

太平洋高気圧によって、日本列島に引き寄せられ、

日本にやって来るんですよ。

 

 

台風ってやっぱりかなり厄介ですね。

 

 

でも、暖かい時期は台風が来るのは

仕方ないので、いざ来るとなったら、

対策を万全にしておくべきですね!

 

 

強風で窓がガタガタ鳴ってしまう場合の

対策もまとめてみましたので、

良ければ読んでみて下さいね!

↓    ↓

強風で窓がガタガタ鳴ってて気になる!自分でなんとかできる!?
強風で窓がガタガタと鳴る場合って、 一体どうすればいいんでしょうか? ガタガタと音が鳴るとうるさいし、 窓ガラスが割れないか心配になりますよね…。 何かベストな対処法はあるのか...
タイトルとURLをコピーしました